2012年03月11日

アビジャンの姉

口うるさく、
お節介で、
よく怒られる。

だけど

いつも面倒を見てくれて
いつでも私の強い見方の、
ベレバのお姉ちゃん。

私の姉は、ブルキナの隣の国、コートジボワールの出身。
大統領が2人たち、戦争状態が続いていた国・・・
といってももしかしたら日本ではあまり報道されていないかもしれないけど。

旦那さんもアビジャンにいて、
もうすぐアビジャンに帰るという彼女。

帰る前に、フトゥーの作り方を教えてっ!!
とお願いして、今日はフトゥー作り。

使うものは→イニャムという芋と、プランテーン(食用バナナ)

IMGP1686.jpg

まず皮をむいて、少しの水で茹でる。

IMGP1688.jpg

茹でた芋を臼と杵でお餅のように搗く。

IMGP1694.jpg

強く搗いているうちに、粘り気がでてきて
お餅のようになってきたら、
搗きながら成形して、完成◎

モチモチして、プランテーンの甘さがやさしい。

そんなフトゥー。

グレンと呼ばれる、種から作ったソースと一緒に食べる。

劇ウマ 笑

大好きなフトゥーを目の前にしたら、
出来上がりの写真を撮るのを忘れてしまいました。。
失礼。

また8月にブルキナに帰ってくるらしいけど、
そのときは私はもうブルキナにいない。

一度さようならを言ったら、
次はいつ会えるかも分からない。

だから、今、一緒にいれる時間を大切にしたい。

そして、土曜日の今日、
私の子どもたちのサッカーの試合もあった。

IMGP1674.jpg

試合前に軽くアップをして・・・

IMGP1676.jpg

裸足でフィールドを走り回る子どもたち。

たくさん応援したけど、
残念ながら3-1で負けてしまった。

悔しくて、悔しくて、
大きな目に涙を溜めて遠くを見る、
キャプテンになるはずだった市長の息子。

先日、苛性ソーダ(石鹸を作るときに使う劇薬。日本だと薬局でしか手に入らない)を
お砂糖と間違って口に入れてしまって、
口の中が爛れてしまった彼。
ろくにごはんも食べれない日が続いている。

ストローもないから、
食べ物を小さくちぎって、飲み込む。
食べる作業だけでも大変。

もちろん、今日のゲームも見学。

どぇー?!となるような事件が身の回りで起こる。


3月11日。

日本で地震があったらしいという連絡を貰い、
家族や友人、職場、いろんな人の安否を心配したあの日。

あの日から1年。

いつもの生活が、
いつも隣にいた人が、

いろんな「いつも」が一瞬にして消えた・・・
そんな日だったのかもしれない。

みんなの「いつもの生活」が、
永遠ではないことを再認識した、
そんな日だったのかもしれない。

震災を体験していない私には、
想像するしかない。
どれだけ「震災」が日本の人々の心を傷つけたか・・・

しかし、ブルキナにいて、

「何もない」ことが当たり前で、
隣にあったはずの命が、一瞬にして消える瞬間を目の当たりにして、

「いつも」がいつもではないことを、
「いつも」が永遠ではないことを、

たくさん経験した。

だけど、

人間は弱くない。

「何もない」
そんな中でも生きていける。

ここにきて、そう思えるようになった。

ただ、人間は一人では生きていけない。

初めてガーナを訪れたとき、
たくさんの人から

「お金頂戴」「物を頂戴」

って言われることにものすごい抵抗を持った。

ただ訪れてきた外国人に、なんでそんなことを言うんだろう。
援助慣れしているんだ。

そう思った。

ブルキナにきても、
そう言われることに嫌悪感を持った。

だけど、ここはブルキナ。
足りないものはあげたり、貸したり、

そうやって人々が暮らしている。
「人は一人では生きていけない」
その言葉を、全身で感じられる、
そんな場所。

私にあげられるものなら、
あげてもいいんじゃないかと、
今は、そう思う。

ブルキナの人たちが、私にしてくれるように。

人と人が支えあっている、
そんな生活。

IMGP1691.jpg

そんなやさしいコミュニティーが、
私は好きだ。


一度傷ついた心の傷は、すぐには癒えない。

しかし、

人間は弱くない。

何もないところから、立ち上がる。
そんな力を持っていると信じている。
posted by trekko-ayano at 08:00| Comment(2) | Manger=アフリカを食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

ぷれやっさ

我が家で人気のアフリカ料理。
いつもの定番はトマトベースのリソース。
だけど、今日は初めてヤッサプレを晩御飯に作ってみた。

ちなみに、

ヤッサ=マリネ
プレ=鶏さん

マスタードとレモンで、玉ねぎと鶏肉を煮る料理。
レモンの酸味がさっぱりしてて、暑い日でも食べやすい(と我が家では高評価)

駅前のスーパーで、鶏さんを買った。

ベレバにいたときは、自分で捌いたり、
近所の子どもたちに手伝ってもらいながら
鶏さんを用意していた。

でも、駅前スーパーには、もう1口サイズに切ってある鶏さんが売っていた。

手間のかからない、1口サイズの鶏さんを
思わず買ってしまったけど…


「いただきます」

このスーパーで買った、きれいに捌かれたお肉も、
きっと、どこかで誰かが、捌いてくれたものなんだよね。

命をいただいていること。
忘れちゃいけないこと。

posted by trekko-ayano at 23:38| Comment(2) | Manger=アフリカを食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

キターーーー!!!!

首都に上京してからというもの、
もうベレバへ行ったら食べられないであろう、
おいしいものを鱈腹食べております◎

そ・し・て

昨日ついに生ビールを飲んでしまったぁぁ!!!

P1020272.jpg

tresおいしかった ポッ

調整員の方に教えていただいた、
とってもおいしい牛タンと鳥の丸焼きのお店☆
必死にごはんを食べ過ぎて、写真を撮るのをすっかり忘れてしまった・・・

そう、

それから昨日は外務省へ訪問して、外務大臣に会ってきました!!
そして昨夜はその様子がブルキナのテレビにも出てたらしい・・・
今日、朝ごはんを買いに行ったら、行きつけの売店のママが教えてくれた◎

P1020257.jpg

こんな感じで、現地服で派手〜に行ってきました。





posted by trekko-ayano at 18:01| Comment(1) | Manger=アフリカを食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。