2012年02月07日

砂漠の民

夜中中吹き続いた風。

トタン屋根の上を、小石やどっかからか飛んできた小枝がカラカラと舞う。

朝起きると、まるで靄のかかったような
真っ白の世界。

IMGP1278.jpg

いつもはギラギラ照りつけるアフリカの太陽も、
靄の向こうで月明かりのように、やさしい。

お肌も、粘膜も、すべてかカラッカラに乾燥してしまうような
ブルキナに靄?!まさかの霧?!

いやいや。。

昨日の風で、サハラ砂漠から飛ばされてきた砂に覆われた今日。
ちょっと外出するだけでも、眉毛も睫毛も真っ白に変わる。

家の戸も、全部締め切っているはずなのに、
隙間だらけの我が家の窓から扉から、
入ってきた砂塵で、家の中のものもなんだか砂っぽい。

そんな砂嵐の中帰っていったウンデの友だち。
仕事ではちょこちょこベレバに来たりしていたんだけど、
今回は我が家に遊びに。

子どもにもみくちゃにされ、
いろんなところに連れまわされ、
たくさんごはんを食べさせられ、

疲れただろう。

うちの中でギャーギャー遊び騒ぐ子どもたちも、
一緒に食べる山盛りごはんも、
プール掃除のような、豪快な後片付けも、

私にはもう当たり前の週末の光景。

いろんなところから、降って沸いてくるごはんも
私のいつもの生活。

私の日常生活は、
他の人からすると、非日常に近いのかもしれない。

いつもお客さんが来るとご馳走を作ってくる市長のマダムや、
仲良しの揚げ菓子売りのお姉ちゃん、

今回もいろんな人が私の友達を歓迎してくれた。

そんなみんなに、
「ありがとう」ってお礼を言ったら、

「いつもあやのがみんなに優しいから、あやのの友だちにもみんなやさしくするのよ」

と、なんでもないことのように言ってくれた。

嬉しい一言。

やりたいことも、やらなきゃいけないことも山ほどある。
その傍ら、私がベレバに「残せるもの」って何だろうかと、
悶々とする日も少なくない。

2年間の活動が終わって、活動の成果と言えるものなんて、
何が残るか分からない。
活動期間が終わるその日まで、もしかしたら何も見つからないかもしれない。

でも、ベレバの人たちの心に、
少しでも私との思い出が残ってくれるのならば、
それだけでも幸せかもしれない。
posted by trekko-ayano at 03:43| Comment(3) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

新しいおえらいさん

おいしいレストランがないベレバは、お客さんが来たり、
お祭りがある度に、ごはんの準備に忙しくなる。
女性が総動員。

2月2日に、新しい県知事がベレバに来る!!

ということで、市長のマダムを始め女性が総動員。
前日も1時過ぎまで、ご馳走の準備。
20羽以上の鶏をさばいて、大量のキャベツを切り刻んで…

もう、鶏の毛を毟るのも、怖くない。
恐ろしや…慣れ。。

そして翌日も、朝からずーっと料理。
市役所の仕事はホッポリ出して、
給食のおばちゃん状態。

大ガマでピラフみたいなごはんを炊いて、
サラダを作って、

IMGP0989.jpg

IMGP0993.jpg

炎天下の中、ずーっと準備。

アフリカの眩しい太陽のお陰で、背中も肩も真っ赤。
痛いのなんのって…

あぁ、忘れてました。
アフリカの太陽。。

何時間もかけて、たくさん作った料理。
それを50人近くの人に振舞う。
お客さんに飲み物と食べ物を配るだけでも、大大変。
居酒屋で働いているみたいに、ちゃっちゃか動きながら
いろんな人から「ビール取ってきて〜」、「サラダよそってきて〜」
とこき使われながらも、みんな喜んでくれた模様。

頑張って作った料理◎

「おいしいね」と言って貰えるだけで、
それだけで嬉しい。

と、話は変わって。
先日届いた手紙。

IMGP0985.jpg

日本から、カナダから。
いろんなところで、私を支えてくれる人がいる。

母から、ベレバのみんなに届いた手紙。
どこかで一生懸命勉強したのか…フランス語で書いてある。
Merci beaucoup!! って。

ちょっと間違ってたりもしたけど、
そうやって私の大好きな人たちのことを想ってくれているだけで、
本当にありがたい。

手紙を受け取った市長の子どもたちも、
カードを嬉しそうに見ながら、何度も何度も、
カードに書かれたフランス語を読んでくれた。

お母さん、パパ、ありがとう◎
posted by trekko-ayano at 07:43| Comment(1) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

じゅてーむ おあざー

「この目には君しか映らないんだ」
「毎晩、君のことを思いながら寝てるよ」

日本語にしたら、臭すぎて笑ってしまうような一言を
浴びるように言われている今日この頃。

相変わらず、モテモテ。

誰にスキって言われた。
誰彼にちゅーされそうになった。

そんな報告を仲良しの姉たちに報告する日々。

そんなブルキナ男性に対する、マダムの一言。

「ブルキナでは、どこでもかしこでも、ちょっと素敵な女の子を見ると男の人はすぐ好きだって言うのよ」

あ…

それって、私の価値なし…。

「白人ともしてみたいだけよ」

あ…

それって、私じゃなくても白ければいい話…

ちょっと前まで私のことを好きで好きでしょうがないと言っていた彼。
今度はうちのご近所さんにスキでスキでしょうがないと言っているらしい。

マダムの情報網、恐るべし。

そんなブルキナマダムたち。
恐ろしいほどに心が広い。

旦那さんが泥酔したあげく、よその奥さんの家にズボンやら携帯やらを忘れて帰ってきても、
怒らずに、冷静に対処するマダム。

婚約したあとに、既に奥さんが2人いることが判明しても、
もう遅すぎる、と第3婦人になったマダム。

旦那がその辺の若い女の子にちょっかいを出していても、
笑い話で済ましてしまうマダム。


心、広し。


私だったら、許せるだろうか…

なんて考えてみる。
ん〜、でもまだその壱岐には達していない。。

ちょっと奥さんと離れていると、他の子にちょっかいを出したり、
奥さんと一緒に住んでいても、ちょっと気に入った子がいるとちょっかい出したり、
夜ご飯ができるまで、近くのバーでビールを飲む。
旦那さんがそんなことをしている間も、

朝4時過ぎに起きて、トーを作り、洗濯し、家の掃除をして、
仕事に行くマダムたち。

仕事から帰ってきても、昼食に夕食の支度、子どもの面倒、時には買うと高いからと石鹸を作ったり。

あぁ、女性は強し。

洗濯機も、電子レンジも、炊飯器もない。
ガスも高いし、(というか今ガスが手に入らない…ガス欠)
ごはんはすべて蒔を燃して作る。
今は涼しいからいいけど、冷蔵庫のない村では食べ物もすぐ腐る。
だから、毎回ごはんを作らなきゃいけないし。

あぁ、頭が下がります。

いつも私の面倒まで見てくれる、村のマダムたち。
というか、私の姉たち。
本当に出来ない妹で申し訳ない。

少しでも素敵な女性に近づくように、
日々、姉からのアドバイスには真剣に耳を傾ける。

そして、このモテ期…単なる気のせい…?
posted by trekko-ayano at 01:00| Comment(2) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。