2012年02月24日

抜き打ち検査

整理、整頓、清掃、清潔、躾

なかなかできない5S。
いるものといらないものを分けたり、
私物と仕事のものとがごっちゃになっていたり・・・

そんな現状を打開すべく、
今回は突然の抜き打ち検査&誰の机が一番綺麗かコンテストを実施◎

抜き打ちで写真を撮る私を制ししながら、
一生懸命自分の机を掃除する同僚。
そんな彼を隠し撮り◎

IMGP1367.jpg

いらないものが出て来る出て来る。

IMGP1341.jpg

次から次へと、いらないものはゴミ箱へ。

ポイポイっ

ちなみに・・・
こちらが私の成果品。
この整理整頓の目標は、どんなに酔っ払っていてもきちんと元の場所に戻せる並べ方。
特に金曜日の午後は、地酒のドロを昼間に飲んでベロンベロンで出勤してくる。
ベロンベロンに酔っても、これだけ色分けしたら一目瞭然だろう?!

IMGP1357.jpg

IMGP1359.jpg

そして同僚の成果品。
見よう見まねで、自分なりに使い易く分類した成果。

IMGP1383.jpg

こういう小さな一歩の積み重ねが大切なカイゼン活動。

今回チェックした中で、
まだカイゼンが必要そうな場所には「要改善!!」の赤紙ならぬ、
黄色い紙を貼って、重点的にカイゼン活動が進むようにしてみた。

IMGP1395.jpg

これから1週間、どんな風に変わるのか・・・

楽しみ楽しみ♪♪


私を見つけると走りよってくる、小さな彼氏。
顔じゅうにチューすると、ニヤニヤ〜とニヤケながら
嬉しそうに私を見上げる彼。

IMGP1335.jpg

私が来たばかりのころは、
まだつかまり立ちがやっとだったのに、
今はテッコテッコ走れるようになった。

人の子どもも自分の子どものように可愛がったり、
知らない家の子どもでも、悪いことをした子は容赦なく叱ったり、拳骨したり、
そんな風に子どもと接することが出来るのも、あと僅か。

日本に帰ったときに、スーパーで遊んでる子どもに声をかけたら、
思い切り逃げられたのを
時折、ふと思い出す。

何だか無性に寂しくて、
何だかとてもショックだった、
あの瞬間。

人と人との距離が、少しだけ違う
ブルキナと日本。
今はたくさんの子どものお姉ちゃんでありママである。
きっと貴重な時間。

そう思って、大切にしよう。
今の時間を。
posted by trekko-ayano at 07:53| Comment(1) | 市役所のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

新たな挑戦

そういえば、市役所で働いているのに
市役所の仕事のことをあまり書いたことがない・・・

と思ったので、久しぶりに市役所の仕事について。

11月に研修会をしてから、市役所の各職員が始めた「5S・カイゼン活動」
書類をカテゴリー別に整理整頓したり、
探し出し易くインデックスをつけたり、
よく使う書類を置く場所を近くに、使わない書類は奥に仕舞ったり、

少しでも効率よく、正確に仕事ができるよう、
同僚のそばに座って、同僚の仕事ぶりにあれこれ口出ししたり。

今までの仕事のスタイルを少しでも変えられるように、
根気よく、あれこれ口出しする。

ただ「習慣化」した仕事ののスタイルをすぐ変えることって、
やっぱり一筋縄にはいかない。

だから、残りの時間も根気よく、諦めずに、
口うるさいおばちゃんのように、言い続けると思う。


それから、最近新たに始めたプロジェ。

「ベレバに井戸管理組合を立ち上げする」

有料の共同水道と、無料のポンプ式井戸と汲み上げ式の井戸があるベレバ。
現在、ポンプ式の井戸の修理は市役所で行っているけれど、
修理の予算が取れなかったり、ベレバ市内29の村すべてにある井戸管理が
行き届いていないのが事実。

汲み上げ式の井戸とは・・・

IMGP1302.jpg

こんな感じ。ただ穴を掘っただけ。
蓋も何もないから、砂が水に混ざって濁ってたり、
浅井戸ではボウフラが沸いていたり・・・

「ひょえー」

と思う水も少なくない。(そんな水も、出されたらとりあえず飲むけど…)

共同水道は・・・

IMGP1311.jpg

こんな感じで、水道を管理するおばさんがいて、
その人に水を入れてもらう。
ちなみに20リットルのポリタンク2個で25Fcfa(5円)。

IMGP1308.jpg

ただ、水にお金を払うことに慣れていない村人にとって、
やはり抵抗があるよう。。利用者は、残念ながらほとんどいない・・・

と、こんな状況を打開すべく、

1. 衛生啓発

きれいな水を飲むことがどうして必要なのか、手洗いはどうして大切なのか、トイレを使わなきゃならないのは何故か、そんなことを村の女性や子どもたちを中心にして啓発活動を行う予定。ワークショップが村人自ら、そして先生たちができるようになれば、子どもも大人も楽しく「衛生」について考えることができるだろうから、そんな手法も教える予定。


2.井戸管理組合の枠組み作り、及び組合の立ち上げ

上司は「井戸管理組合作りたい〜」とはいうものの、自分の試験やら仕事やらで、
なかなか本腰が入らない模様。
という訳で、とりあえずジニアレという町で行われているプロジェクトを模倣しながら、
ベレバでもできそうな井戸管理組合の枠組みを作ろうと、現在格闘中・・・

今まで、自分で何かを1から作るような仕事をしたことがないので、
どこまでできるか分からないし、私が去った後、影も形も残らないかもしれない・・・

けれど、とりあえず「やってみる」
だって、やってみなければ、うまくいくか、いかないかもわからない。

残り4ヶ月。

出来るところまでやってみよう。

発展も、生活改善も、誰かが持ってきてくれるものじゃない。
自分たちの手でやることなんだと、
そして自分たちにも出来ることなんだと。

小さな自信と、小さな一歩の後押しができるように、
私のできる、小さなお手伝い。

とにかく、やれることをやってみよう◎

IMGP1308.jpg
posted by trekko-ayano at 06:37| Comment(1) | 市役所のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

招かれざる客

「糊を使おう」と、糊のふたを開けようとしたら。。。

あれ?入れ物に、穴が開いてる…

暑さで溶けた…?
いやいや、そこまでまだ暑くない。

不審に思って、机を開けてみると、
そこに入っていたはずの糊は、見るも無残なほど粉々に。。。

高級品の糊がぁぁぁぁ!!!!

と…

その犯人は。。。


ネズミさん。


ボールペンのグリップやら、とじひもやら、いろんなものが齧られた痕跡と共に、
大量のうんちが机の中に…

同僚のプラスチックケースにも、ガシガシ齧った後が。
携帯充電用のコードもガシガシ。

そんなもの食べるほど、あなた、お腹空いてるの??

どこから入り込んだのやら…
今回のネズミさんはプラスチック系がお好みのようだけど、
紙系がお好みのネズミさんが現れた日には…あぁ、末恐ろしい。

お願いだから、大事な台帳を食べないで…
お願いだから、毒入り団子、食べて…

市役所の同僚いわく、

「ネズミ用の毒団子だからね〜」といって置くと、
ネズミさんは食べてくれないらしい。
だから、こっそり、しっかり…毒入り団子を置かせていただきます。

と話は変わって…

週末、子どもと水汲みに行っていたら、
偶然豚さんの解体ショーに出くわした。

そう言えば、最近毎日、近所のバーで豚焼肉が食べれる。
こうやってお肉になるのね…
(ちなみに豚さんは、首ではなく、前足の付け根を切るらしい)

PC171104.jpg

皮膚の毛を燃やしてから、その辺の石ころでゴシゴシ表面を洗い

The 解体Show!!!

PC171110.jpg

まだ生暖かい豚の手を持って、
動かす手伝いをしようとしたら、

重くて持ち上がらない…この豚さん、一体何キロくらいあるんだろう。。

日本のように、きれいに切り分けられて、
パックに入って売っているお肉なんてない。

みんなが食べているお肉は、
豚も鶏も牛も馬もロバも、

みんな命のおすそ分け。

生生しい写真で、気分を悪くされた方がいたら、ごめんなさい。
でも、こうやって命を分けてもらっているなんて、
スーパーで売っているお肉しか知らなければ、考えることなんてないだろう。

栄養たっぷりの命のおすそ分け。
ありがたく、おいしく、いただきます。
posted by trekko-ayano at 07:16| Comment(3) | 市役所のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。