2011年09月12日

無事。

遅くなりましたが、無事ブルキナに到着。

いやはや、遠かった〜!!!

そして、パリ空港の寒さで若干風邪気味…
早く治さなければ。。。

ブルキナは相変わらずブルキナ。

雨季とはいえ、舞う砂埃。
真っ赤な地面。
カラフルな洋服。

そして、相変わらずモテ期も健在っ!!!

月曜日にベレバに再赴任。
きっとベレバはベレバ、なんだと思う。

でも本当に、楽しみ◎
posted by trekko-ayano at 05:39| Comment(2) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

最後の夜

全身にドライヤーをあてられているような熱い風。
砂埃と混ざって、少し濁った緑の木々。
嵐の前の強風。
乾燥した空気。
舞う、砂埃。
暑さを一掃してくれる、潤いの雨。

大好きで、なんだか居心地のいい、私の大好きな場所。

出発前日にして、実感はない。

子どものいない静かな家。
近所の子どもが遊んでても、きっと一緒に遊んでもらえない。
大好きなマダムのお家のトーも食べれない。
隣で一緒に昼寝をしてくれる子も、家で一緒に水浴びする子もいない。

ベレバを去って、4日。
最後の日の朝に、子どもがくれた青かったマンゴーもすっかり熟れた。

日本語が通じる、冷蔵庫も水道もシャワーも電気もある、ドミでの半軟禁生活。
静かなことが、寂しくて寂しくて仕方がない。

あれだけ、「昼寝したいから、静かにしてよ〜」って言ってたのに。

静かになったら静かになったで、寂しいなんて
なんてわがままなんだろう・・・自分。


25日の朝6時。羽田空港に降り立つ。

砂埃で薄汚れたスーツケース。
小奇麗とは決していえないであろう格好。
ただまとめただけのボサボサの髪。
7キロの増量。

日本社会に、すんなり馴染めるか不安要素が満載。

だけど、温かい家族が待ってくれている。
大好きな友達や、大好きな同僚も心配しながら待ってくれている。

そして

きっと、ここにはまた帰ってこれる。
何ヶ月先になるかは分からないけど、きっと。

そして、きっとベレバのみんなはいつでも私を温かく迎えてくれる。
大好きな子どもたちも。

「あやのは旅行しすぎよっ」なんて言われながらも、
きっとみんな「おかえり〜」って言ってくれる。

そう信じて、明日ここを発つ。
posted by trekko-ayano at 02:27| Comment(4) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

健康優良児

首都で行われた健康診断を終え、今日ベレバに帰ってきた。


健康診断の結果は「異常なし」。


相変わらずコレステロールが少し高めなのと、血中のたんぱく質が少なめだが、すべて基準値内。
井戸水をがぶ飲みしているにも関らず、お腹に虫も住み着いていない。

超健康優良児は健在。

首都ワガで、日本へ一時帰国していた隊員や事務所の方々から頂いた新聞や雑誌で、今回、初めて見た東日本大震災の様子。あまりに悲惨な様子に、これが日本なのかと一瞬目を疑った。

日本が大変なときに、名前も聞いたことのないような外国のために活動しているなんてふざけているのかもしれない。そう思われても仕方ないのかもしれない。

でも、今の私にできることをするのみ。
ここ、ベレバの市役所での仕事を少しでも改善すること。
ベレバの人々の生活が少しでも豊かになるように活動すること。

ちっぽけな私にできること。
それは私にできることを精一杯やること。
posted by trekko-ayano at 07:47| Comment(4) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。