2012年06月18日

「いろんな」を伝える最後の日記

期待を胸に日本を旅立ってから、2年。
明日、ついにブルキナを経つ。
6月20日、朝6時。ついに日本に帰る。

IMG_4013.jpg
(PHOTO:Hiroto HOMMA)

たくさんの人たちに支えられて
たくさんの人たちに守られて
いろんなことを経験して
いろんなことを学んだ

そんな2年間。

たくさんの大好きな人たちに囲まれて、本当に幸せな時間を過ごすことができた。

たくさんの人たちに支えられて、
自分ひとりでは何もできないことを、
自分ひとりでは生きられないことを、
何度も痛感させられた。

そんな2年間。

ブルキナの「貧しさ」に直面して、
もどかしくて、悲しくて、自分の無力さが悔しくなったこともあった。

でも、それ以上に、

私は豊かな心をもった人々から、
たくさんのことを学んだ。

ブルキナファソは確かに豊かな国ではない。
でも、ここに暮らす人々の心はどこよりも豊かで、幸せに溢れていた。
ボロボロの洋服を着ていたって、
お腹いっぱいごはんが食べられない日があったって、

「さばあれ」

何とかなるさと、笑顔で生き続けるブルキナベ。
強かなブルキナベ。

お金がなくたって、
ブランドで身の回りを固めなくたって、

大好きな家族と、大好きな人と、
ときどきおいしいご馳走を食べて、
一緒にいられる。

それだけで十分幸せなことなんだと、
そう教えてもらった。

「幸せ」はすぐ目の前に山ほどある。
ただそれを「幸せ」だと思うかどうかの違いだけ。

ブルキナでの生活や、ベレバでの生活は、
日本に帰れば遠い夢のように、
遠くへ行ってしまうものかもしれない。

だけど、

この小さな幸せを見つけるアンテナは、
どこかに落とさない様にしよう。
小さな幸せを見つけて、いつでも笑顔でいられるような、
いつでも誰かに笑顔をわけてあげられるような、そんな人になれるように。

IMG_4092.jpg

日本から、世界中から私を支えてくれた家族、同僚、友だちたち。
ブルキナで出会った、たくさんの友だち。
ベレバの家族。
協力隊の仲間たち。
私の大好きな、大切な人たちに。

今までありがとうございました。

私が2年間生活した、ブルキナファソという国の、
ベレバという小さな村の話。

日本からは遠い、遠い、
アフリカの小さな村のお話。

肌の色も、言葉も、文化も、
生活スタイルも、
何もかもが違う、そんな中での生活。

だけど、

そんな「いろんな」のお陰で、
毎日新鮮で、素敵な日々を送ることができた。
「違う」ことは悪いことでも、怖いことでもない。
「違う」ことは、新しい世界や、価値観を広げる、
小さなきっかけ。

いろんな顔の人がいて
いろんな色の人がいて
いろんな考え方の人がいる

たくさんのいろんながあるから、毎日新鮮で面白い

「アフリカだから」
「黒んぼだから」

そう思う人にこそ、伝えたい。
違うことは、素敵なことだと。
そんな「違い」なんて、関係ない。

世界中、どこにいようと、
話す言葉が違おうと、

きっと通じるものがある。
信じあえる仲間を見つけられる。
自分が相手を信じる、ただそれだけで。

自分の世界を広げる、そんな「いろんな」。
次はいつ、出会えるのだろう。
posted by trekko-ayano at 12:14| Comment(7) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

徒然なるままに

在ブルキナ日本大使の奥様からはじまった、
Action Faco Propreの活動。
ブルキナを綺麗にしよう!!というこの活動の記念すべき第1回が本日。

首都ワガドゥグの中でも、一番新しく、超豪邸が立ち並ぶ、ワガ2000という場所でゴミ拾い。

IMGP2835.jpg

私立の小学校と高校の生徒から、
いろんな人が集まって、ゴミ拾い。

ベレバからも、私と共にSGも参加◎

IMGP2836.jpg

このゴミ拾いイベント。
第2回はベレバで行なう予定。

今までゴミ拾いなんてしたことのないSGは、
「どうやってゴミ拾いなんてするのかわからないからね。勉強勉強っ」
といって、張り切ってゴミ拾い。

ベレバでのゴミ拾いのイメージも掴めた模様。
ゴミ拾いのあと、SGと一緒にベレバ出身の元大臣のお宅@ワガへ。

この元大臣さん、いわゆる大物。
何か問題があれば、彼女に相談すれば解決するという。。

彼女にベレバでのゴミ拾いの概要を伝えて、協力をお願い。
もちろん快く引き受けてもらい、
しかもかなり前におねだりした大統領の顔つきパーニュ(布)のお土産までもらう 笑

SGとイベントを練っている中で、

「雨降らないかな〜?大丈夫かな〜?」と
心配する私に、

「成功すると思ってやれば、絶対成功するから大丈夫」
「僕も一緒にやるんだから、あやのは自分ができることだけをやれば大丈夫」

そう言ってくれたSG。
2年間、いつも傍で支えてくれた彼。
私がやりたいと言ったことを、いつも支援してくれた彼。
最後までお世話になりっぱなし。

でも、最後までSGの手腕と自信に頼って、頑張ろう◎

そんな本日。
ベレバでは2回目のマスクが走り回る。
雨が大地に落ち始めるころ、
人々が畑に出るための合図となる、マスク。

ベレバで生まれ育った若者たちが、
身体に葉っぱをつけて、村中を走り回る。
そして、その辺をウロウロしている人がいれば、先を削った木の棒を投げてくる。

危険、キケン。

だから、ベレバのマスクが出る日は、
基本的に家から出れない。
家の中で大人しく、マスクが終わるのを待つのみ。

マスクは「グリグリ」と呼ばれる、
村のお呪いをジャンプする儀式から始まる。

このグリグリのジャンプでこけたりしたら、
その人は長く生きられないと言う。
だから飛ぶほうも必死。

その後、村の長老の話を聞き、

IMGP2735.jpg

いよいよ村がマスクを身に纏った若者たちの手に渡る。
夕方から、翌日の15時すぎまで。
村はマスクをつけた若者のもの。

マスクが雨を呼ぶ。
マスクが走れば、雨が降る。

雨季にしっかり雨が降らないと、
食べるのに困る人たちがでてしまう。
お金があれば、足りなくなればお金で食べ物を買うこともできるけど、
自分たちの家で消費する穀物は、自分で育てるのが当たり前。

去年は雨が少なくて、十分に穀物がとれなかったけど、
今年は十分に雨がブルキナの大地を潤いますように。

明日、ベレバに帰ったら、マスクのあとのお祭り。
何百人という人が集まって、
大きな輪を描きながら、砂埃を舞い上げながら歌い、踊る。

大地が雨で潤うように祈りながら。。。



posted by trekko-ayano at 08:16| Comment(1) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

覚えている中で、一番最初の夢は、
スチワーデスさん。

大学に入学した頃、
「国連で仕事をする」ことが私の夢だった。

そして初めてアフリカへ来て、
「いつかアフリカに戻ってきて、仕事をする」ことが夢になった。

2年前、駒ヶ根で語学訓練を初めてから、もうすぐ2年。
あっという間だった・・・というのが正直な感想。

2年も前のことも、つい最近のことに思えたり、
ものすごーく前のことのように思えたりもする。

やってみたかったことが、
現実になったけど、

たくさんの壁にぶつかったり、
悩んだり、悔しくて泣いたり、
いろんなことがあった2年。

2年前、共に駒ヶ根で学び、
ブルキナという地で苦楽を共にした同期の仲間2人が、
18日、日本に発った。

ブルキナという地で、
不思議な、濃い、そんな時間を過ごした「仲間」

今の世の中で、「仲間」や「同志」って
少し古い言葉のようにも思うけれども、
そんな言葉がぴったり当てはまってしまうような、
そんな私の大切な人たち。

「日本に帰る」

ことが、ものすごく先のことに思えた2年前。
日本にいた、大切な人たちとの別れが、ものすごく寂しかった2年前。

しかし、時間が過ぎるのは、思った以上に早い。
歳をとったのかもしれないけど、
この2年間、本当に「怒涛」に過ぎていった。

私の帰国まで、あと3ヶ月。
帰国の案内も来て、遠くにあったはずの「日本に帰る」ことが、
ほんの目の前までやってきた。

夢だった「アフリカで仕事をする」が現実になって、
次の私は、どんなことに向かって行くのだろう。

私に2年間という素敵な時間を与えてくれた、
市役所や市原に、何が恩返しできるのだろう。


三十路までカウントダウンがはじまって、
あと2,3歩のところまできている。
周りは結婚したり、出産したり、
それぞれが人生の岐路に立つ時期。

だけど結婚も出産も、私の現実からは、
まだまだ程遠い。


しかし、ブルキナから日本へ帰るのも、
私にとっては大きな人生の岐路。
この先、どんな道を歩むのか・・・

アスファルトの道なのか、
でこぼこ道なのか、
棘の道なのか、

この先、どんな道になるかは分からない。
ただ、いつでも希望と夢は持ち続けたい。

青臭い、若造の単なる願望だけだけど。

次の夢は、

「世の中を少しでも良くする」
「いろんな人が、笑って過ごせる場所を作りたい」

まだ何ができるか分からない。
いろんなジグソーパズルが、私の周りにバラバラに転がっている感じ。

そのパズルが1つになるような、
そんな瞬間がいつの日か来るように、

残り3ヶ月。
目の前にある、私にできることから

できることをして
できることを探し
できることを夢見る

いつか、ジグソーパズルがぴったり当てはまる日を夢見て。

いろんな出会いがあり
いろんな別れがある

たくさんの出会いや別れを経て、
自分も大きく成長できる。
だから、どんなときでも、
私の扉は大きく開いていたい。

少しでも多くの「いろんな」に出会えるように。
少しでも多くの「いろんな」が私を大きくしてくれるように。


posted by trekko-ayano at 11:15| Comment(1) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。