2011年09月07日

帰る

いよいよ出発まで24時間を切った。

こんなときに、カダフィーのお陰でブルキナファソの国名が日本全国に流れるとは…笑
もし、道端でばったり会ったらどうしよう…なんて。


4月25日に帰国してから、4か月。

長かった。

でも、ようやく帰ることができる。ブルキナに。
今の私がいるべき場所に。

思い切り楽しもう。

お土産のたくさん詰まったスーツケースを持って、
帰ろう。

私の村へ。

P9040959.jpg

posted by trekko-ayano at 03:38| Comment(7) | Au Japon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

幸運

9月7日。ブルキナに再出発することが決まった。

家族のように大切な人たち。
可愛くて可愛くて仕方がない子どもたち。

「また会える」

それだけで、目頭が熱くなる。
どんなに私の涙の泉が枯れかけようと、じんわり湧き出るものはある。



4月25日に日本へ一時帰国してから、早4ヶ月が過ぎようとしている。
この4カ月の間に起きた、さまざまなこと。

今までブルキナでともに過ごしてきた仲間たちは、それぞれ大きな決断に迫られた。
新しい国で1から始める人。
家族と共に、新しい人生を歩む人。

あまりに唐突に、苦渋の決断を迫られ、
涙した仲間も少なくない。

でも、みんなそれぞれの1歩を歩み始めた。


そんな中、私はブルキナに帰ることができる。
日本でも、ブルキナでも、たくさんの人たちに優しく支えられながら。

私は本当に、幸運だ。

支えてくれる人たち、
私を見守ってくれる家族、
一緒にブルキナで活動した仲間、

そして、何より大好きなブルキナべのために。

残された期間、できることを全力でやろう。


ブルキナに帰れる


それだけで、本当に幸せ。
posted by trekko-ayano at 01:37| Comment(8) | Au Japon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

意思疎通

金曜日は浜松町のアフリカンレストラン、カラバッシュへ。
日曜日は両親と代々木公園のアフリカンフェスタへ。

何だかアフリカンな最近。

大好きなトーをMy スプーン(=手)で食べたり、
ヤッサプレや、食用バナナを揚げたアロコを食べたり、

久しぶりに食べる、懐かしい味。

そして、久しぶりに好きなだけ話す、懐かしい言葉。

If you talk to a man in a language he understands, that goes to his head. If you talk to him in his language, that goes to his heart. ----- Nelson Mandela.

南アフリカの元大統領、ネルソンマンデラ氏の一言。
分かる言語で話せば、理解できる。母国語で話せば、心に響く。

だから私は他の言葉が話せるようになりたい。
どこに行っても、誰かと心を交わせるように。


日本に住んでいるアフリカの人々。
言葉の壁も小さくないだろう。
様々な偏見にも耐えなければならないだろう。

「外国で暮らす」という勇気と決断。

訛ったフランス語を話す、初めて会った妙な日本人の私に、
「アフリカの生活はどうだった?」
「みんなやさしかった?」
と、聞いてくれる。

そんな彼らにも、「日本、大好きよ!!」
なんて、もっともっと言ってもらえる、そんな日がいつか来てほしい。


世界中のたくさんの人々が、「日本」という国の名前を知っているけど、
日本ではアフリカの国の名前を知る人は少ない。
アフリカ大陸にも、54の国があってたくさんの言語や民族がいる。
同じアフリカとはいえ、環境も文化も人も違う。

「アフリカは動物だらけなんでしょ?」

と、聞かれることがものすごく多いけど、
ブルキナの日常生活で野生動物を見たことはほとんどない。
確かに、牛、ヤギ、羊、鶏、犬、猫、ロバたちは、縦横無尽に歩き回っているけど。

先日、某放送局で放映されていたマラウィーのテレビクルーが
日本を紹介する番組を作るための来日を追ったドキュメンタリー。

そこで、ちょっとこの答えを見つけた。

ブルキナでは、野生動物と人間の住む世界は分かれている。
村から離れた森の中に行けば、象に会うことはできる。
でもそこは、動物たちの住む場所。
人間の住む場所とは、違う。

日本で見る「アフリカ」は、サバンナを野生動物が走り回っているような大自然や、
ケニアのマサイ族のような生活。

でも、ブルキナとはちょっと違う。

日本の文化と、ネパールの文化が異なるように。

きっと、私から見たアフリカと、他の人から見たアフリカも違うだろうけど、
できるだけ、私の見たアフリカを正確に、多くの人に伝えたい。

アフリカだって日本と同じ。
野蛮な人なんていない。
文化が少し違うだけなんだ。

どうしたら、もっともっとうまく伝えられるんだろう。
言葉は話せても、真意を伝えることほど、難しい。


posted by trekko-ayano at 01:45| Comment(3) | Au Japon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。