2012年06月18日

「いろんな」を伝える最後の日記

期待を胸に日本を旅立ってから、2年。
明日、ついにブルキナを経つ。
6月20日、朝6時。ついに日本に帰る。

IMG_4013.jpg
(PHOTO:Hiroto HOMMA)

たくさんの人たちに支えられて
たくさんの人たちに守られて
いろんなことを経験して
いろんなことを学んだ

そんな2年間。

たくさんの大好きな人たちに囲まれて、本当に幸せな時間を過ごすことができた。

たくさんの人たちに支えられて、
自分ひとりでは何もできないことを、
自分ひとりでは生きられないことを、
何度も痛感させられた。

そんな2年間。

ブルキナの「貧しさ」に直面して、
もどかしくて、悲しくて、自分の無力さが悔しくなったこともあった。

でも、それ以上に、

私は豊かな心をもった人々から、
たくさんのことを学んだ。

ブルキナファソは確かに豊かな国ではない。
でも、ここに暮らす人々の心はどこよりも豊かで、幸せに溢れていた。
ボロボロの洋服を着ていたって、
お腹いっぱいごはんが食べられない日があったって、

「さばあれ」

何とかなるさと、笑顔で生き続けるブルキナベ。
強かなブルキナベ。

お金がなくたって、
ブランドで身の回りを固めなくたって、

大好きな家族と、大好きな人と、
ときどきおいしいご馳走を食べて、
一緒にいられる。

それだけで十分幸せなことなんだと、
そう教えてもらった。

「幸せ」はすぐ目の前に山ほどある。
ただそれを「幸せ」だと思うかどうかの違いだけ。

ブルキナでの生活や、ベレバでの生活は、
日本に帰れば遠い夢のように、
遠くへ行ってしまうものかもしれない。

だけど、

この小さな幸せを見つけるアンテナは、
どこかに落とさない様にしよう。
小さな幸せを見つけて、いつでも笑顔でいられるような、
いつでも誰かに笑顔をわけてあげられるような、そんな人になれるように。

IMG_4092.jpg

日本から、世界中から私を支えてくれた家族、同僚、友だちたち。
ブルキナで出会った、たくさんの友だち。
ベレバの家族。
協力隊の仲間たち。
私の大好きな、大切な人たちに。

今までありがとうございました。

私が2年間生活した、ブルキナファソという国の、
ベレバという小さな村の話。

日本からは遠い、遠い、
アフリカの小さな村のお話。

肌の色も、言葉も、文化も、
生活スタイルも、
何もかもが違う、そんな中での生活。

だけど、

そんな「いろんな」のお陰で、
毎日新鮮で、素敵な日々を送ることができた。
「違う」ことは悪いことでも、怖いことでもない。
「違う」ことは、新しい世界や、価値観を広げる、
小さなきっかけ。

いろんな顔の人がいて
いろんな色の人がいて
いろんな考え方の人がいる

たくさんのいろんながあるから、毎日新鮮で面白い

「アフリカだから」
「黒んぼだから」

そう思う人にこそ、伝えたい。
違うことは、素敵なことだと。
そんな「違い」なんて、関係ない。

世界中、どこにいようと、
話す言葉が違おうと、

きっと通じるものがある。
信じあえる仲間を見つけられる。
自分が相手を信じる、ただそれだけで。

自分の世界を広げる、そんな「いろんな」。
次はいつ、出会えるのだろう。
posted by trekko-ayano at 12:14| Comment(7) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界中みんな平和になって欲しいね。いい仲間に出会えてよかったね。あんなに反対したけど私も少し物の見方や考え方が柔らかくなったかな?
まあ、かた物の私変わらないと思うけど、帰ってきたら仲良くしてくださいね。
伸ばした髪の毛は切らなかったのかな?
Posted by えみちゃん at 2012年06月18日 20:31
わぁ!?
帰国するんだねー!!
お疲れ様!

ちょうど、来週あたりにめぐにBabyが産まれる予定!
みんなで見に行こうよ〜♪
Posted by 島田 at 2012年06月19日 15:50
こんにちは!
「ブルギナに住む」
楽しみに読んでいました。

元気に活躍できて、本当に良かったです。

私は何もできませんでしたが、

頑張る貴女に勇気をもらっていました。

帰国してからもが頑張ってね!
Posted by F、nori at 2012年06月19日 17:40
ご無沙汰でした。
いよいよ帰国されたんですね。
"やってきた人"の言葉はひとつひとつが深く響いてきます。「いろんな」があるからこそなんですよね。自分とは違う価値観を包容することはなかなか難しいですが、忘れずそうありたいですね。

僕はあいかわらずです。神戸駅前で、48才のつきなみなサラリーマンとして忙しさに追いかけられている日々ですが、AYANOさんの記事からは多くのことを教わりました。ありがとう!
Posted by B.B. at 2012年07月16日 13:15
偶然たどり着いて、読ませてもらいました。

同い年で知ってる人が、遠い遠い国に行き、私には出来ないことをやってて、本当にスゴイと思いました。

少し恥ずかしいですが。。。TV でよく見るような話ですごい遠い感じでしたが、だんだんと色々と考えさせられました。
私は、結婚して子供もいて行くことは出来ないけれど、日本からなにかできないのか。考え中です。

やろうと思うことはできてもなかなか実行する人ってあまりいないと思う。けど、それをやった貴方はカッコいいです。尊敬します。

これからも何かやるのかな?
応援してます!

同じ南中生より。
Posted by シロクロ at 2012年08月16日 22:14
@シロクロさん

コメントありがとうございます。
私がブルキナに行けたのも、何かの縁と偶然のチャンスが重なっただけなんだと思います。
遠い国のことが、少しでも身近に思ってもらえるだけでとても嬉しいです。

オリンピックの入場でも「世界地図持ってないとわかりませんね〜」と言われたブルキナだから 笑 
少しずつでもブルキナのことを知っている人が増えるだけで、嬉しいです。

日本で何かしようと、ブルキナで何かしようと、場所はどこであっても「何か行動する」というだけで、すごいこと何だと思っています。
だから今度は日本で、「何か」をしてみたいな〜と思っています。
市原に居れば、是非、その「何か」をやるとき、手伝ってください^^
Posted by ayano at 2012年08月19日 22:49
我孫子まで来てくださったことを深く感謝します。午後の時間、しかも体育祭明けの週で疲れ切っている生徒たち、少し重い空気のはずが、明快なお話と見事な切り口、そして仕掛けで、生徒たちは十分に心を揺さぶられていました。ワークシートを短時間で全行書いた生徒がこんなに多かったのはこれまでで初めてです。標先生とも相談し、生徒たちのリアクションをお届けできるよう考えたいと思います。どうもありがとうございました。取り急ぎお礼まで!
Posted by 青井眞吾 at 2013年06月07日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。