2012年06月12日

ありがとうを伝える日

雨が降った後の、真っ赤な大地と緑の眩しい木々。
赤い大地と青空のコントラスト。
乾季の白く乾燥した大地。
降ってきそうなほどの満点の星空。
真っ暗な闇を煌々と照らす月明かり。

はじめてベレバを訪れたとき
車窓から見える風景の美しさに
見とれてしまった。

そのときは、「2年」と言う月日がとても長いように感じたけれど、
終わってみると、団扇でさっと扇いだだけのような、
一瞬だった。

今日、ベレバを去った。

ベレバにできた、たくさんのパパ、ママ、
たくさんの兄弟、姉妹、
私の可愛い子どもたち。
そして、たくさんのダーリン。

辛いことも、悲しいこともあった。
だけど、その倍以上にたくさん笑って、たくさん幸せを貰った。

2年間、私を支え続けてくれた大好きな、大切な人たちに
心からの「ありがとう」を伝える最後の日。

ベレバで過ごす、最後の1日。

9日に行なったゴミ拾いのお手伝いに来てくれた、協力隊の仲間たち。
ベレバを大好きになってくれた。
私の子どもたちとも思い切り遊んでくれて、感謝感謝◎

9日のゴミ拾いの準備は、ものすごいバタバタで
前日、急遽ウンデに大使のお出迎えに連れて行かれたり、
そのあとも23時ごろまでごはんの手伝いをして、
当日は4時起きでごはんを作りに行ったり、
そのあとも、いろんな調整や準備に走り回ったり。

本当に目が回るような忙しさだったけど、

首都から来てくれた大使夫妻も、
Action Faso Propreの人たちも、
ベレバのひとたちも、

みんな「良かったよ〜」と声をかけてくれた。

IMGP2949.jpg

飛ぶ鳥、あとを濁さず

そういう思いで企画した、今回のゴミ拾い。
ゴミ拾いなんてしたことがないベレバのみんなには未知のイベント。

だけど、イベントを通して、
ビニール袋が環境に良くないことや、
ポイ捨てがいけないことを理解してくれた。

ちいさなきっかけの積み重ね

それがいつの日か、大きな変化に変わる日を想って
いつの日か、彼らの自信に繋がる日を信じて

私が2年間のうちにできたことは小さなこと。
小さな小さなきっかけを作るだけだった。

だけどベレバのみんなが言ってくれた。

「これからずーっと、あやのの名前を忘れないわ」

そう言ってもらえるだけで、ものすごく幸せなこと。

最後の1日は、片付けに追われながらも、
いままでお世話になった大好きなみんなと話をしたり、
出発を名残惜しんだり。

大好きな人たちに、心からありがとうを伝える最後の日。
寂しいけど、悲しいけど、
いつの日か、また会える日を楽しみに。

大好きなみんなへ。

ありがとう。
ベレバは、私のふるさとになりました。

本当に、ありがとう。

posted by trekko-ayano at 09:16| Comment(3) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう帰ってくるのね。
寂しいね・・・
お疲れ様。帰ってきたら飲みに行こう!
Posted by natsuko at 2012年06月12日 11:00
お疲れ様。がんばったね。
Posted by い@あ at 2012年06月12日 12:44
私にも綾乃の度胸と勇気、努力の仕方、後いろいろなものを持っていれば、楽しめるんだろうな。
でも、二年間よくがんばりました。
Posted by えみちゃん at 2012年06月12日 20:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。