2012年05月27日

徒然なるままに

在ブルキナ日本大使の奥様からはじまった、
Action Faco Propreの活動。
ブルキナを綺麗にしよう!!というこの活動の記念すべき第1回が本日。

首都ワガドゥグの中でも、一番新しく、超豪邸が立ち並ぶ、ワガ2000という場所でゴミ拾い。

IMGP2835.jpg

私立の小学校と高校の生徒から、
いろんな人が集まって、ゴミ拾い。

ベレバからも、私と共にSGも参加◎

IMGP2836.jpg

このゴミ拾いイベント。
第2回はベレバで行なう予定。

今までゴミ拾いなんてしたことのないSGは、
「どうやってゴミ拾いなんてするのかわからないからね。勉強勉強っ」
といって、張り切ってゴミ拾い。

ベレバでのゴミ拾いのイメージも掴めた模様。
ゴミ拾いのあと、SGと一緒にベレバ出身の元大臣のお宅@ワガへ。

この元大臣さん、いわゆる大物。
何か問題があれば、彼女に相談すれば解決するという。。

彼女にベレバでのゴミ拾いの概要を伝えて、協力をお願い。
もちろん快く引き受けてもらい、
しかもかなり前におねだりした大統領の顔つきパーニュ(布)のお土産までもらう 笑

SGとイベントを練っている中で、

「雨降らないかな〜?大丈夫かな〜?」と
心配する私に、

「成功すると思ってやれば、絶対成功するから大丈夫」
「僕も一緒にやるんだから、あやのは自分ができることだけをやれば大丈夫」

そう言ってくれたSG。
2年間、いつも傍で支えてくれた彼。
私がやりたいと言ったことを、いつも支援してくれた彼。
最後までお世話になりっぱなし。

でも、最後までSGの手腕と自信に頼って、頑張ろう◎

そんな本日。
ベレバでは2回目のマスクが走り回る。
雨が大地に落ち始めるころ、
人々が畑に出るための合図となる、マスク。

ベレバで生まれ育った若者たちが、
身体に葉っぱをつけて、村中を走り回る。
そして、その辺をウロウロしている人がいれば、先を削った木の棒を投げてくる。

危険、キケン。

だから、ベレバのマスクが出る日は、
基本的に家から出れない。
家の中で大人しく、マスクが終わるのを待つのみ。

マスクは「グリグリ」と呼ばれる、
村のお呪いをジャンプする儀式から始まる。

このグリグリのジャンプでこけたりしたら、
その人は長く生きられないと言う。
だから飛ぶほうも必死。

その後、村の長老の話を聞き、

IMGP2735.jpg

いよいよ村がマスクを身に纏った若者たちの手に渡る。
夕方から、翌日の15時すぎまで。
村はマスクをつけた若者のもの。

マスクが雨を呼ぶ。
マスクが走れば、雨が降る。

雨季にしっかり雨が降らないと、
食べるのに困る人たちがでてしまう。
お金があれば、足りなくなればお金で食べ物を買うこともできるけど、
自分たちの家で消費する穀物は、自分で育てるのが当たり前。

去年は雨が少なくて、十分に穀物がとれなかったけど、
今年は十分に雨がブルキナの大地を潤いますように。

明日、ベレバに帰ったら、マスクのあとのお祭り。
何百人という人が集まって、
大きな輪を描きながら、砂埃を舞い上げながら歌い、踊る。

大地が雨で潤うように祈りながら。。。



posted by trekko-ayano at 08:16| Comment(1) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブルキナに行った時、平気でポイと水を飲んだ空き袋を投げるのがあたりまえ、懐中電灯の電池をかえたら古い電池もポ−イ。う−−ん。ゴミだらけの道にも驚いたよ。でも、空のペットボトルを持ってるとこれちょうだいと子供に囲まれて、500ccは人気ボトルでした。ゴミって見方を変えれば宝ものなんだよね。私も水の袋捨てられなくて日本に持ってきたら大事な思い出になりました。
Posted by えみちゃん at 2012年05月28日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。