2011年11月26日

旅立つとき

日に日に、大地から緑が消えていく。

青々と茂っているのは、
ユーカリ、マンゴー、ニームの木

水浴びをした身体からは、
驚くほどのスピードで水分が蒸発していく

大地も茶色。
鼻の中も茶色。

そんな乾季。

朝晩は20度前後まで気温が下がり
日中は肌に当たる太陽の日差しが痛いほど

オーブンの中に手を入れたように、日差しがが肌を打つ。

そんな、ブルキナの季節の変わり目。

何だか、お葬式が多い。
今日は、同僚の義父のお葬式。

昨晩、遅くまで鳴り響いていた
瓢箪で作った、木琴のようなバラフォンと呼ばれる楽器の音
人々の鳴く声(「泣く」声ではないので、あえて鳴くと記す)

それはお葬式の合図。

ブルキナでは、火葬はしない。
御棺もない。

若い男性が、土葬するための穴を掘り、
そこに茣蓙に包まれたご遺体を埋葬する。

日本のように、墓地があるわけではなく
彼が埋葬されたのは、自宅のすぐ隣。

「いつまでも家族と一緒にいたい」

そんな彼の意向。

ベレバに多く住むボワバ族は昔、
同じお墓に家族をみんな埋葬したそう。
掘る深さを変えて、
家族が重なり、眠るように。

でも今は、お墓に1人で眠る。
文化も習慣も、少しずつ変わるようだ。

日本の火葬の話をしたら、かなり衝撃を受けた模様のブルキナベ。
ショックで最初は言葉を失っていたくらい。
でも、骨だけにになっても「家族は同じお墓に眠る」と話したら、
ボワバ族の古い習慣を思い出したらしい。

日本とブルキナ

大陸も違うし、民族も、人種も違う。
でも、何だか共通点も多い、
そんな日本とボワバ族。

日本語の「おいしい」は、ボワバ語で「オシン」

ほら、似てるでしょう?

人と「違う」ことを探すのは簡単。

でも、

人と「同じ」ことを見つけることで
人と「近く」なるのかな。

今日は埋葬の儀式。
明日はお葬式。(精進払いのようなものかな)

たくさん食べて、たくさん飲んで、たくさん踊って、たくさん歌って、
故人を偲ぶ。

人生を全うした故人へ
心から、冥福を祈る。
posted by trekko-ayano at 06:57| Comment(1) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
季節の変わり目、身体も心も疲れが出る頃だから、健康には気をつけてよ!
Posted by えみちゃん at 2011年11月29日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。