2011年10月28日

小さな一歩

2度目のベレバの生活。
何だかすべてが「当たり前」

びっくりすることも、なんだか少なくなってしまった。

ブログのねたも…

あんまりないな〜なんて。。。

いかんいかん。
常にアンテナは高く持っていなければっ

と思う、今日この頃。


私の住むベレバには、パン屋さんがない。
むしろ、「ない」ものを探すほうが、「ある」ものを探すより簡単。

薬局はあるけれど、品揃えは…

先日、足の傷に貼るガーゼが切れたので、薬局に行ってみた。
首都では箱売り(10枚入り)のガーゼ。
しかし、ベレバでは小売り。

1枚、20円。

そして、在庫は…5枚。。
買い占めさせていただきました。
次はいつベレバにガーゼが来るのか…わからず 涙

不衛生ですが、ガーゼを切り分け大切に使っております。

と、話は戻ってパン。
1週間に一度、パン屋さんの車がやってきて、補充していたフランスパン。

雨季は、湿気てペシャンコ&固くなったパンに。
乾季は、乾燥してコンコン音がするほどカッチカチのパンに。

どちらにしろ、そのままではあまり食べたくない…というか食べれない。。
ので、練乳たっぷり入りのカフェオレに浸して食べていた。

そんなベレバに、パン屋さんの車が頻繁に来るように◎
お陰で、最近はやわらかいパンが食べれる。

幸せ〜

焼きたてのフランスパンほど、ふっかふかではないにしろ、
簡単に噛み切れるパンをいつでも食べれる幸せ。

こんな、小さな一歩が、
きっと将来につながるんだろうな〜

なんて、大きな想像をしてみた。

変化は急にはやってこない。
でも、少しずつ、少しずつ、
村の生活が変わっていく。

そんな小さな変化を見逃さないように、いつでもアンテナを高く持とう。
posted by trekko-ayano at 05:25| Comment(3) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベレバには、変わって行って欲しい事もたくさんあるけど、変わらないでいて欲しいものも、たくさんあった!日本っていう、ブルキナベがみたら、ひっくり返るぐらいな都会にいてもなお、首都のワガは落ち着かなかった。物を持たない事は、奪い合いと分かち合いを生むけど、ベレバはみゎなで、分かち合い。柔らかな日々だったよ。
Posted by kota at 2011年10月28日 09:21
コストコにハラペ−ニョのベ−グルが増えてた!結構辛い!小さい発見!見て何か感じる。言葉にする。
楽しみながら探してね!




Posted by えみちゃん at 2011年10月28日 09:48
小さな幸せ、、、当たり前になってる毎日がほんとはすごく幸せなんだよね☆
コッチも第二の故郷で優しい人達に巡り会えて良かったね!毎日、人の優しさに触れて生きてるって家族みたぃで素敵だね。

娘が今月で11ヶ月!
大人の顔色伺ってイタズラするよ〜笑〃
タッチができるようになったの!

今日から11月だっていうのに、ジャパンは暑いよ〜。

Posted by けんもり☆ at 2011年11月01日 14:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。