2011年07月20日

ぷれやっさ

我が家で人気のアフリカ料理。
いつもの定番はトマトベースのリソース。
だけど、今日は初めてヤッサプレを晩御飯に作ってみた。

ちなみに、

ヤッサ=マリネ
プレ=鶏さん

マスタードとレモンで、玉ねぎと鶏肉を煮る料理。
レモンの酸味がさっぱりしてて、暑い日でも食べやすい(と我が家では高評価)

駅前のスーパーで、鶏さんを買った。

ベレバにいたときは、自分で捌いたり、
近所の子どもたちに手伝ってもらいながら
鶏さんを用意していた。

でも、駅前スーパーには、もう1口サイズに切ってある鶏さんが売っていた。

手間のかからない、1口サイズの鶏さんを
思わず買ってしまったけど…


「いただきます」

このスーパーで買った、きれいに捌かれたお肉も、
きっと、どこかで誰かが、捌いてくれたものなんだよね。

命をいただいていること。
忘れちゃいけないこと。

posted by trekko-ayano at 23:38| Comment(2) | Manger=アフリカを食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鶏のレモン、マスタード煮、夏にはサッパリおいしそうですね♪マスタードが結構効いてるのかなぁ。命いただいていること意識したいですね。
ハッとしました。
Posted by B.B. at 2011年07月21日 21:55
B.Bさん>さっぱりして、おいしかったですよ◎
日本ではどうやってお肉を捌いているのか気になって、調べてしまったんです。
日本でも、命をいただいてることを忘れたくないですね!!
Posted by ayano-trekko at 2011年07月24日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。