2011年03月30日

恵美子と仁☆アフリカ大陸上陸 最終編

24日、ベレバでの滞在を終え再び首都へ。
父曰く、イケメンのSGと一緒に上京。

首都では、会議を抜け出してきた市長と一杯交わしたり、
JICAの事務所に挨拶したり、
同期隊員と一緒にご飯を食べたり、
買い物したり、おいしいピザを食べたり・・・

都会の生活を満喫。

そんな中、母の一言。

「ベレバにもう1日居てもよかったわね」

私と同じく、彼女もベレバが気に入ってくれた模様。
よかったよかった◎

ベレバでは、家の前にいる子ども達とどう遊んでいいのか分からず、
ボーっとしていたらしい2人。(この間、私は外出していたので詳しい状況は分からないけど)
あまりの暑さで外で寝たり、よく寝れなかったり。
ご飯を作る周りでそのお零れを狙いながらピヨピヨ走りまわるヒヨコと鶏に、衛生的な疑問を感じたり。
シンクがないので、その辺で口をゆすぐ歯磨きが苦手だったり。
トイレに居座るヤモリにビビッて、ズボンもちゃんと履けずにトイレから出てきたり。

ベレバでプライベートが全くない生活や慣れない村生活も大変だったみたいだけど、
首都に来たら来たで、寂しいらしい。


首都には、

冷房もファンもある。お風呂はシャワー。トイレは水洗。
懐中電灯なんて使わなくて住む。街灯があるからつまずかない。

だけど、可愛い子ども達や、「ハヤロー」、「アヤノー」って呼んでくれる人もいない。
私が少しでも痩せると心配してご飯を届けてくれる人もいない。私が困ってると助けてくれる人もいない。

首都は確かにものすごく便利。
おいしいものも、食べたいものも好きなときに食べられる。
それに比べて、ベレバは不便で、諦めなきゃならないこともたくさんある。

だけども大好きな村。

2人が帰ったあとも、いろんな人が私の両親の心配をしてくれる。
「無事日本に着いた?」
「ブルキナのこと、好きになってくれた?」


私の両親にとって初めてアフリカ。
少しでも、アフリカのことを、そしてブルキナのことを好きになって帰ってくれたら、
それだけで嬉しい。

本当に来てくれて、
心からありがとう。
posted by trekko-ayano at 18:53| Comment(2) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブルキナベの女性はおしゃれです。プリントの柄、デザイン、まあたくさんあること。日本で着たらおかしい…自分の個性があってうらやましい。道もでこぼこバスの屋根は凄い荷物+人、車内も満員、運転手の運転も倒れないように上手く溝をよける。井土の前は牛がおこぼれの水を飲むために牛のたまり場、子供に蹴飛ばされても平気で水飲んでます。真っ暗だから懐中電灯の紐を腕にかけて寝たけど、星はよく見える、あの熱い道をはだしだ歩く、すごい!!お勧めします!メルシ−メルシ−ボク!!!!
Posted by えみちゃん at 2011年03月30日 21:53
お帰りになられたのですね。
便利で快適な都会、不自由もあるけど暖かい村・・・深いお話しです。
Posted by B.B. at 2011年04月08日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。