2011年03月27日

恵美子と仁 アフリカ大陸上陸 第2編(バンフォラ)

ブルキナに到着して2日目の朝。
ものすごーい暑いワガから、西の観光地バンフォラへ移動。
その移動時間・・・7時間半。。。

乾燥して、ただただ暑いブルキナ東部と違って、緑の多いブルキナ西部。
たくさんのマンゴーとたくさんの緑に囲まれた、ブルキナの軽井沢◎

そんな観光地でガッツリ観光。
1日目 ドーム→滝→秘密のバオバブ→カバの湖

水と風の浸食によって、岩が神秘的な形を成すドーム。

IMG_3245.jpg

乾燥したブルキナでこんなにたくさんの水が見れるだけで、大感激の滝。

IMG_3257.jpg

バオバブの木の中に溜まる、秘密の黒い水で顔を洗ったため、この秘密のバオバブに守ってもらえるらしい・・・

IMGP3377.jpg

移動途中で発見した野生のカバ。

IMG_3260.jpg

湖では何匹もの野生のカバを発見!!こんなボートにビビル恵美子。

IMGP3391.jpg

そして、ボートの跡をそーっと追ってくるちびカバたち。

IMGP3400.jpg

2日目 ニャンソゴニ→センドゥ

灼熱の太陽の下、崖を登る。その先に待っていたのは何キロも先まで見渡せるアフリカの大地。

IMGP3412.jpg

そして100年前までこの山の上に住んでいた人々の住居が残る。

IMGP3444.jpg

ドームから続いている砂岩の山が、水と風の浸食で摩訶不思議な形を成すセンドゥー。地震のないブルキナファソだからこそ残る、その形。

IMG_3359.jpg

日本が大変なときに・・・もしかしたら不謹慎な旅行と思われるかもしれない。
でも、なかなか足を運ぶチャンスのないブルキナファソへ勇気を振り絞って来た2人。

文化も生活も言葉も違う日本とブルキナファソ。
日本では「大変」なことが、この国では「日常」

この2人の「当たり前」が崩れたあとに見た、ブルキナファソの「日常」
毎日が新鮮で、驚きだったようだ。

自分勝手な私が来たブルキナファソ。
そんな私を許してくれた2人に見てもらえることが、とても嬉しい。
果たして小さな親孝行・・・になっているだろうか。
posted by trekko-ayano at 08:53| Comment(1) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そりゃあ大きな親孝行ですよ!
ヒシヒシと誇れる娘を実感したと思いますよ。
それにたくましさも。
完全に親目線で記事を読んでる自分がいました(笑)。
それにしてもご両親共に若々しいですね。
秘訣を聞いてみたくなりましたよ。
日本では見ることのできない広大な空間に身を置いて、さらに幸せを感じられたでしょうね。うらやましいです。
Posted by B.B. at 2011年03月27日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。