2012年06月18日

「いろんな」を伝える最後の日記

期待を胸に日本を旅立ってから、2年。
明日、ついにブルキナを経つ。
6月20日、朝6時。ついに日本に帰る。

IMG_4013.jpg
(PHOTO:Hiroto HOMMA)

たくさんの人たちに支えられて
たくさんの人たちに守られて
いろんなことを経験して
いろんなことを学んだ

そんな2年間。

たくさんの大好きな人たちに囲まれて、本当に幸せな時間を過ごすことができた。

たくさんの人たちに支えられて、
自分ひとりでは何もできないことを、
自分ひとりでは生きられないことを、
何度も痛感させられた。

そんな2年間。

ブルキナの「貧しさ」に直面して、
もどかしくて、悲しくて、自分の無力さが悔しくなったこともあった。

でも、それ以上に、

私は豊かな心をもった人々から、
たくさんのことを学んだ。

ブルキナファソは確かに豊かな国ではない。
でも、ここに暮らす人々の心はどこよりも豊かで、幸せに溢れていた。
ボロボロの洋服を着ていたって、
お腹いっぱいごはんが食べられない日があったって、

「さばあれ」

何とかなるさと、笑顔で生き続けるブルキナベ。
強かなブルキナベ。

お金がなくたって、
ブランドで身の回りを固めなくたって、

大好きな家族と、大好きな人と、
ときどきおいしいご馳走を食べて、
一緒にいられる。

それだけで十分幸せなことなんだと、
そう教えてもらった。

「幸せ」はすぐ目の前に山ほどある。
ただそれを「幸せ」だと思うかどうかの違いだけ。

ブルキナでの生活や、ベレバでの生活は、
日本に帰れば遠い夢のように、
遠くへ行ってしまうものかもしれない。

だけど、

この小さな幸せを見つけるアンテナは、
どこかに落とさない様にしよう。
小さな幸せを見つけて、いつでも笑顔でいられるような、
いつでも誰かに笑顔をわけてあげられるような、そんな人になれるように。

IMG_4092.jpg

日本から、世界中から私を支えてくれた家族、同僚、友だちたち。
ブルキナで出会った、たくさんの友だち。
ベレバの家族。
協力隊の仲間たち。
私の大好きな、大切な人たちに。

今までありがとうございました。

私が2年間生活した、ブルキナファソという国の、
ベレバという小さな村の話。

日本からは遠い、遠い、
アフリカの小さな村のお話。

肌の色も、言葉も、文化も、
生活スタイルも、
何もかもが違う、そんな中での生活。

だけど、

そんな「いろんな」のお陰で、
毎日新鮮で、素敵な日々を送ることができた。
「違う」ことは悪いことでも、怖いことでもない。
「違う」ことは、新しい世界や、価値観を広げる、
小さなきっかけ。

いろんな顔の人がいて
いろんな色の人がいて
いろんな考え方の人がいる

たくさんのいろんながあるから、毎日新鮮で面白い

「アフリカだから」
「黒んぼだから」

そう思う人にこそ、伝えたい。
違うことは、素敵なことだと。
そんな「違い」なんて、関係ない。

世界中、どこにいようと、
話す言葉が違おうと、

きっと通じるものがある。
信じあえる仲間を見つけられる。
自分が相手を信じる、ただそれだけで。

自分の世界を広げる、そんな「いろんな」。
次はいつ、出会えるのだろう。
posted by trekko-ayano at 12:14| Comment(7) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。