2012年03月03日

原点に立ち返る

初めてアフリカの地を踏んだのが、
確か6年前。

そのとき持っていた、私の「アフリカ」のイメージは、

危険、病気、紛争、貧困・・・

そんなネガティブなイメージばかりだった。
でも、実際にガーナへ行って、そのイメージは変わった。

豊かな生活ではないにしろ、
人々の笑顔は、私のネガティブなイメージを
ポジティブなものに変えてくれた。

その後、1年弱過ごしたアメリカでも、
日本でも、

「アフリカ」

のイメージは、私が始めに持っていた、
そんなイメージと変わらなかった。

そんなみんなの持っている「アフリカ」を
少しでも変えられたら・・・そう思って始めたこのブログ。

確かに人々の生活は貧しい。
生活環境も、かなり不衛生。
何もかもが不便で、
そして、「死」と「生」が隣り合わせ。

確かに事実である。

でも・・・

そこに生きる人々の笑顔は、
決して彼らの人生に失望していない。
どんなに辛い状況に対面しても、
決して笑うことを忘れない彼らは、

ものすごく強い人たちだと思う。

1960年代、アフリカのたくさんの国が独立し、
多くの「先進国」がアフリカの自立を援助した。

たくさんの人と、たくさんのお金が、
アフリカに流れ、そして消えていった。

独立したあの当初から、ベレバの生活は変わったか。

小さな生活の変化はあるだろう。
でも、生活環境の変化は、決して大きくない。

「いつもの生活」がずっと続いている。

IMGP0791.jpg

ここで生活して、ずっと心の奥底に感じていたこと。

「何で、援助はされているはずなのに、生活が変わらないのか」

それは、きっと援助が彼らに自信を与えていないからではないか。

彼らは言う。
「貧しいから、お金がないから何も出来ない」と。

そんな彼らに必要なものは、物よりもお金よりも、
「自信」なのではないかと、
ここに来て、そう思った。

日本=先進国
ブルキナ=発展途上国

こういう図式に当てはめて物事を考えがちだけど、
先進国だろうと、発展途上国だろうと、
そこに生きているのは同じ人間。

先進国の人だからすごい訳でも、発展途上国の人だからナマケモノな訳でもない。

今ここに必要なのは、「対等の相手」。
自分と対等な相手として接したり、ビジネスをすることが、
きっとブルキナベに自信を与えてくれる。

「自分たちにもできる」と。

私に出来ることは、小さな自信の種を蒔くこと。

今まで何度も裏切られ、傷つけられ、自信と自立の芽を摘まれた
そんな場所に、再び自信の芽がでるのには時間がかかるかもしれない。

毎日毎日、小さな自信の種を蒔き続ける。
自分たちでは気がつかないほどの、
小さな芽に、辛抱強く水をやり、肥料をやる。
「早く大きくな〜れ」と言うように、
「できるんだよー」と後押しする。

アフリカは野蛮なところでも、危険なところでもない。
遠いところではない。

そう伝えたくて書き始めたこのブログ。
こんなことを書かなくても、読み手に伝わるような、
そんな文章力があれば、こんなの書く必要はないのかもしれない。

ただ、言わなければ相手に伝わらない。

そう思うから、書いてみた。
あなたなら、どう自信の種を蒔き、育てるだろう。

IMGP0829.jpg
posted by trekko-ayano at 08:51| Comment(1) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。