2012年01月30日

じゅてーむ

「この目には君しか映らないんだ」
「毎晩、君のことを思いながら寝てるよ」

日本語にしたら、臭すぎて笑ってしまうような一言を
浴びるように言われている今日この頃。

相変わらず、モテモテ。

誰にスキって言われた。
誰彼にちゅーされそうになった。

そんな報告を仲良しの姉たちに報告する日々。

そんなブルキナ男性に対する、マダムの一言。

「ブルキナでは、どこでもかしこでも、ちょっと素敵な女の子を見ると男の人はすぐ好きだって言うのよ」

あ…

それって、私の価値なし…。

「白人ともしてみたいだけよ」

あ…

それって、私じゃなくても白ければいい話…

ちょっと前まで私のことを好きで好きでしょうがないと言っていた彼。
今度はうちのご近所さんにスキでスキでしょうがないと言っているらしい。

マダムの情報網、恐るべし。

そんなブルキナマダムたち。
恐ろしいほどに心が広い。

旦那さんが泥酔したあげく、よその奥さんの家にズボンやら携帯やらを忘れて帰ってきても、
怒らずに、冷静に対処するマダム。

婚約したあとに、既に奥さんが2人いることが判明しても、
もう遅すぎる、と第3婦人になったマダム。

旦那がその辺の若い女の子にちょっかいを出していても、
笑い話で済ましてしまうマダム。


心、広し。


私だったら、許せるだろうか…

なんて考えてみる。
ん〜、でもまだその壱岐には達していない。。

ちょっと奥さんと離れていると、他の子にちょっかいを出したり、
奥さんと一緒に住んでいても、ちょっと気に入った子がいるとちょっかい出したり、
夜ご飯ができるまで、近くのバーでビールを飲む。
旦那さんがそんなことをしている間も、

朝4時過ぎに起きて、トーを作り、洗濯し、家の掃除をして、
仕事に行くマダムたち。

仕事から帰ってきても、昼食に夕食の支度、子どもの面倒、時には買うと高いからと石鹸を作ったり。

あぁ、女性は強し。

洗濯機も、電子レンジも、炊飯器もない。
ガスも高いし、(というか今ガスが手に入らない…ガス欠)
ごはんはすべて蒔を燃して作る。
今は涼しいからいいけど、冷蔵庫のない村では食べ物もすぐ腐る。
だから、毎回ごはんを作らなきゃいけないし。

あぁ、頭が下がります。

いつも私の面倒まで見てくれる、村のマダムたち。
というか、私の姉たち。
本当に出来ない妹で申し訳ない。

少しでも素敵な女性に近づくように、
日々、姉からのアドバイスには真剣に耳を傾ける。

そして、このモテ期…単なる気のせい…?
posted by trekko-ayano at 12:26| Comment(0) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。