2012年01月16日

小さな私

山済みの仕事をほったらかして平気でいる同僚に頭にきて、

「もううんざり」

と市役所を飛び出した金曜日。
自分がやっていることって、何なんだろう。
「現状を変えるんだ」と言っていた同僚の言葉は何だったんだろう。

いろんなことが、頭の中を巡った。

悔しくて、情けなくて、悲しくて、
半べそをかきながら自転車をこいだ。

そんな私にすれ違う人も、道端に居る人も、
みんなが「あやの〜」と声をかけてくれる。

家に帰れば、子どもたちがちょろちょろ甘えにやってくる。

ベレバには、たくさんのママがいて、たくさんのおばちゃんがいて、たくさんの兄弟姉妹がいる。
どんなに悲しくても、辛くても、たくさんの人が私を支えてくれる。

甘いんだろうけど、甘えてるんだろうけど、
いろんな人の優しさに、温かさに、ついつい甘えてしまう。

仕事も、頼まれごとも、全部ほっぽりだして、
のんびりした週末。

遊びに来ていた同僚のママに教わったレシピで作ったココナッツクッキー。
インゲンマメを料理したり、トウモロコシの粉のお粥を作ったり、
半ば実験教室のようだけど、自家製ワインを作ったり。
仲良しのマダムのお家に遊びに行ったり。
髪を編んだり。

仕事を始めたころ、母に言われた一言。

「自分はすごいと思ってるんでしょ。あやちゃんは偉いもんね」

確かに、私はすごいラッキーで、いろんなところでチャンスに恵まれてきた。
日本にいたときは、「何でもできる」なんて、勝手に思っていた。

でも本当は、「自分」はホントに何も出来ない。

何にも知らない。

無知を知ること。無力さを知ること。

今まで以上に、ベレバにきて自分の小ささを感じる。
悔しいくらいに、何も出来ない自分がいる。

何も出来なくても、どんなにうまくいかなくても、
残された期間は5ヶ月と2日。
時間は待ってくれない。

最近、村の人にも「帰る日」を心配される。

「あやのが帰る日は、悲しい日ね」
「また帰って来れるんだよね?」
「絶対、泣いちゃうな」

今度、日本へ発ったら、もういつ戻ってこれるかなんて、分からない。
私の大好きな人たちにいつ会えるかも、分からない。

だから、無力な私にもできる小さなことを、
少しでも多くできるように。
たくさんの人に感謝しながら、毎日を過ごそう。
posted by trekko-ayano at 07:44| Comment(4) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。