2012年01月04日

明けました2012年

明けましておめでとうございます。

IMGP0198.jpg

たくさんの人の優しさに触れた2011年。
人との繋がりの大切さを改めて学んだ2011年。
たくさんのことを学んだ2011年。

海と大陸を越えた日本では、
2011年をあらわす漢字が「絆」だったそう。

決してラクな1年ではなかった。
日本もブルキナでも。
たくさんの苦難が降りかかった1年。

私も、2011年、
様々な経験をした。

ブルキナで迎えた2011年。
4月に日本へ一時退避し、4ヶ月も日本で過ごした。
帰国してしばらくは、日本にいても落ち着かず、夜も眠れない日々が続いた。
ブルキナを思い出してただぼーっとしてしまうことも少なくなかった。
いつブルキナに戻れるのか、先が見えないことに苛立つことも少なくなかった。

9月、ようやくブルキナに再赴任。
ブルキナに居れる時間は1年を切って9ヶ月。
自分にできることを、ただただ「やる」そんな3ヶ月が過ぎた。

たくさんのことを学ぶことができた1年。

ベレバに帰ってこれた私は、本当にラッキーだった。
80人近くいた隊員。結局戻ってこれたのは30人弱。
戻ってきても、病気で任期短縮を余儀なくされた隊員もいる。

温かい村人に囲まれ、こうやって活動できるだけで、
ものすごく幸せなことで、
感謝しなければならないことだと、

そう感じて、活動してきた毎日。

ブルキナで、日本で、ベレバに帰ってきて、
改めて感じた、人との「繋がり」の大切さ。

残りは半年。
私にできることを、できるところまで、全力でやるだけ。

話は変わって…
ベレバで過ごした2度目のお正月。

31日。
朝から家の掃除洗濯。もちろん近所の子どもたちを総動員。
総指揮官あやのの下でお手伝いしてくれる子どもたち。助かりました。

そして、午後はマダムの家の手伝い。
ポップコーンにえびせん、ビスケット。
うちに帰ってきて、牛乳寒天、ドーナツ、コーンチップスとサルサ(もちろん全部手作りよ!!)を作り、夜は友だちの家に挨拶に行って、そのままバーをハシゴ。
踊って飲んで、踊って飲んで、結局夜中の1時過ぎに帰宅。

1日。明けました、おめでとう。
朝からホロホロ鳥を2羽絞め(もちろん近所の子ども総動員)

IMGP0119.jpg

ビサップジュース(ハイビスカスのジュースみたいな赤いジュース)
唐揚げを作り、同僚や友達用にお菓子を袋に詰める。

昼過ぎ、綺麗にお着替えして、あいさつ回り開始。
仲良しのマダムたち、市長、同僚のママ、市役所の警備員、産婦人科のマダム、ベレバの友だち。

IMGP0213.jpg

夕方帰ってきて、一休みしてからまた踊りに。
うちから3,4キロ離れたディミクイという村まで。

うちの前のブティックの男の子たちと。
私は自転車の後ろに乗せてもらい、スーイスイ。
「重たい」と文句言われながらも…夜中1時過ぎまでバーへ。
みんなが踊るのをみながら、12時過ぎにもうぐったりの私は、市長一家の椅子を借りてウトウト。
1時間後寒くて目が覚め、「帰りたい」といってまた家まで乗せて帰ってもらう。
自転車の後ろで、あまりに眠たくてウトウトしていたら、
転ぶから寝ちゃ駄目!!と注意されたり…

私の面倒をみてくれるのは、みんな年下の男の子たち。
あー駄目な大人ですみません…

2日。
昨晩は疲れすぎて水浴びできなかったので、朝水浴び。
寒い寒い…
朝は少しゆっくりして、家の片付け。
昼前から再びあいさつ回り開始。

秘書宅、パパ宅、ママ宅、警察、友だち、

IMGP0241.jpg

また満腹以上食べ、飲み、
また帰り際に市長にあって、ビールをおごって貰い。。

ぐったりフラフラ。
なので、この日は早々就寝。

3日。
朝8時前、家のドアと窓を叩く子どもに起こされる。
朝起きて、ドアを開けた瞬間から、子どもで溢れかえる我が家。
午前中、残った小麦粉でドーナツを揚げ、トーを作る。
夜ご飯にも取っておこうと思ったトー。一瞬にしてなくなる…
子どもに全部食べられた…チーン

午後はいつものビデオ上映会。今日はチキンリトル。
その傍ら、またトーを作る私。ソースがないから、近所の子どもの家からバオバブの葉っぱをおすそ分けしてもらう。
トーを作っていると、警察から電話。
トーを作ってるって言ったら、お腹空いたからトーを取りに来るとのこと。

一人分しか作ってませんけど。。
私の夜ご飯が〜。。

と思っていたら、お隣さんがボボから帰宅。
スイバ入りのお粥みたいなごはんをくれた。


こんなお正月。
久しぶりにたくさん料理して、村人に少しずつおすそ分けしたら、
みんなものすごーく喜んでくれた。
ごはんを分けてくれたり、手作りワインをご馳走してくれたり、地酒のドロをご馳走してくれたり、トーを作るためのとうもろこしの粉を分けてくれたり、乾燥納豆みたいなスンバラを分けてくれたり…「お腹すいた〜」と騒げば、誰かがごはんを食べさせてくれる。本当にいろーんな人が私の面倒を見てくれる。

本当になにも分からない子どものような私。
いつになっても大人になれない私。
みんなに甘えて、みんなに面倒を見てもらって、
少しずつ成長した2011年。

今年は、少しでも何か恩返しができる1年になればいいな。
日本にも、ブルキナにも。

こんな私ですが、今年もよろしくお願いします。

IMGP0254.jpg
posted by trekko-ayano at 08:12| Comment(3) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。