2011年12月15日

上と下

今日、ベレバに帰ってきた。

温かいシャワーもない
道を照らす街灯もない
高級レストランもない

派遣前、駒ヶ根でフランス語の勉強をしていたころ、

「生活環境が厳しいので、心して来るように」

と念を押されるほどの任地。
でも、「住めば都」とはまさにその通り。
傍から見たら、不便であり得ない生活かもしれない。
「あやのだから」村の生活に馴染めているとも言われる。

しかし、どんなこと言われようと、

そこが私の住む場所。
そこが私の落ち着く場所。

2週間ぶりに帰った我が家。

鼻にカピカピの鼻くそがこびり付いた子どもたちの鼻くそをとったり、
寒くて水浴びしない子どもたちの臭いを嗅ぎ、「臭いっ」と言って水浴びさせたり、
伸びた爪を切ったり、
口の周りにこびりついた食べかすを洗ったり、
痛いという足の切り傷を消毒したり、

どんなに「ありえない」、「過酷」な任地だろうと、
これが今の私の生活。

今回の首都滞在で、初めて行った大使公邸。
公邸と同じ地区にある、10階くらいまでありそうな高級ホテル。

ベレバの生活から比べると、同じ国に住んでいるとは思えない、この差。

ワガ2000と呼ばれる、高級住宅街。
各国の大使館、大使公邸、大統領の家などなど、
見たこともないほどの豪邸が立ち並ぶ。
その中にあるホテルリビアというホテルも、見上げるほどの高さ。

今回、初めてホテルリビアに行ったのだけれども、
おんぼろタクシーの中から見える、高い建物。
それを見ただけで、大興奮の私。27歳。
そんな田舎娘丸出しの私を冷めた目で見つめる隊員。

日本だとそこら中に乱立している高層ビルや高層マンション。
ベレバには平屋以外の建物はない。
むしろ、一般的な村人の家屋は、手作りの泥と水を混ぜただけで作ったブロックを積み上げただけの、茅葺屋根の家。良くても、トタン1枚がぺロっと乗っかっただけの屋根。

同じブルキナという国に生活しているのに、生活水準の差が、
大きすぎる。

毎日、飽きたって何だって、トーしか食べられない村人の生活。
むしろ、トーが食べられるだけいい、という村人の生活。

その一方で、

シャンデリアの下がった、大豪邸に住む人々。
専属シェフが、毎日食事を作るような、ワガ2000に暮らす人々。

同じブルキナベでも、
こんなに生活に差があるなんて、

いつかまた、その不満分子が爆発してしまうのではないだろうか。

今回、ワガ2000に行って、少しだけ4月に発砲した軍人たちの気持ちが分かったような気がする。自分の家は、トタン屋根の狭い一軒家で、毎日井戸や共同水道に水を汲みに行く生活をしている一方で、自分が警護する大統領の家は、大理石張りの超豪邸なんて。

自分たちには、絶対手の届かないような生活を
見せ付けられる辛さ。不甲斐無さ。もどかしさ。

首都や都市部だけでは、
絶対に「本当のブルキナの姿」は分からない。

顔も身体も髪も真っ白なほどに砂埃まみれになりながら、舗装されていないガタガタ道を走り、現地の人と同じものを食べ、同じように寝てみないと、

絶対に分からない。

相手と、できるだけ近い土俵に立たないと、
見えてくる世界は、やっぱり違ってしまう思う。

同じ国なのに、天と地ほども違う生活。

何だか私まで、すごく悔しい。

まだまだ問題だらけのこの国。
でも、きっとこの国の底辺を支える人々と同じものを食べ、同じ水を飲み、同じ屋根の下で寝て見ないと、本当に変えなければいけないところなんて、分からない。

いろんなことが、何だかものすごく、悔しい。

posted by trekko-ayano at 07:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

まさかの…

ベレバから、ときどき逃げ出したくなるときもある。

プライベートなんて、一切ない。
私がどこで何をしているか、ベレバの人たちはみんな知っているし
家に一人でいることなんて、夜寝る前の少しの時間くらい。

ベレバを離れて12日。
本当は1週間で帰る予定が、まさかのロングステイ。

その理由は…足の傷。
赴任してすぐ腐り始めた足の傷が、病院にかかったあと、まさかの悪化…。
もう、一時は右足がパンパン。。涙
痛くて寝れない…歩くのも動くのにも、激痛が走る。

ブルキナに来て、病院知らずだったのに、初めてかかった病院。

抗生物質入りの飲み薬と塗り薬で、
足の傷は着々と回復中。
頑張れ、私の身体!!!!

今日、傷の経過を見てもらって、お医者さんからOKが出たので、
明日久しぶりに帰る、ベレバ。

村に居れば、外に出たくなる
でも首都にいれば、村が恋しくてしょうがない。

なんて自分はわがままなんだろう。

今回、村を離れて思う。

でも

健康が一番大切。
再赴任して3ヶ月。すでに2人の隊員が健康の理由で任期短縮した。
慣れない食べ物に、慣れない生活環境、身体にかかる負担も少なくないんだろう。

井戸から汲んでくる水も、消毒殺菌してあるわけではないから
きっと完全に「清潔」なお水ではないんだろう。
(だから腐るんだろうな…)

身体を洗う水も、
飲み水も、
野菜を育てるための水も

すべて井戸から汲んできた水。

基本的に熱湯消毒もしない。

村の人たちは、そんなことを分かっているから、
きっと生野菜を食べるときは、野菜を石鹸で洗ったり、
塩素水で消毒したりするのかな。

ま、水はそのまま飲んでるけど。。

命の水。

清潔な水が、水道から際限なく出ること。
日本では当たり前のこと。
これって、ものすごく感謝しなければいけないことなんだと、
改めて思う。


と、話は12月の頭に戻って…
クドゥグの音楽祭、NAKの様子。
といっても練習風景だけど…

PC031033.jpg

PC031036.jpg

「Stand Strong Now」と胸に
「底力日本」と背中に書かれた

日本の東関東大地震への支援目的のために
同期隊員が作ったお揃いのTシャツをきて
真っ青な半被を着て踊った。

同期がyoutubeに画像をアップしてくれたそう。
↓↓このURLで見れるかな?!
日本の早いネット環境であれば、みれるはずっ!!
ちなみに…ベレバからでは見れない、youtube。。。



posted by trekko-ayano at 06:45| Comment(2) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

ナック

ブルキナにも、アフリカの映画祭や工芸祭りなどなど
何かとイベントがある。

しかし、そんなイベントに一度も行ったことがなかった私。

だって、大統領選挙のお陰で、
土日も休まず働いてたんだもん…

そんな私の初☆ブルキナイベント

ブルキナの第3の都市で行われたNAK。
ブルキナの音楽祭。
いろんな民族のダンスや歌が披露された。

そして…

私たち協力隊も、ソーラン節を踊ることに◎

初めて踊ったソーラン節。
練習で踊るたびに筋肉痛に襲われた…

意外とハードなソーラン節だったけど、
北海道出身の同期の生歌と共に、
無事、踊れたっ!!!!

ホッ…

写真はおいおいアップしていきます◎
今日からまさかの首都へ長期滞在。
金曜日までネットがピュンピュン飛んでいるここで、
写真もアップしたいと思います。

アイポットも奇跡的に復活したし^^
おいしい手作りピザも鱈腹食べたし。

幸せ幸せ◎


posted by trekko-ayano at 02:49| Comment(2) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。