2011年11月15日

自分を探す

大学生のころから、あるNPOでお手伝いをしていた。
そこで、スタディーツアーを企画していたころの話。

「自分探し」

をするために、スタディーツアーに参加する人が意外と多かった。
そんなことをふと思い出した本日。

「自分を探す」

ってなんだろう。
そして、「自分」とは果たして探して見つかるものだろうか。

何かをして、自分が見つかるのであれば、
きっと「自分探しのための教本」みたいなものが
市場に五万と出回っているんだろう。

「自分」なんてものは、
きっと探したって見つからない。
というのが私個人の意見。

いろんなことを経験して、いろんなものを見て、いろんなものを感じる

その結果が今の自分であって、それ以外の何者でもない。

そして、自分らしくいられる

そんな場所を作り上げることに時間を費やすほうが、
自分を探す時間より、必要なんだと個人的には思う。


話は変わって、

仲良しの先輩隊員が体調を崩し、
ブルキナでは治療が不可能だったため、
日本へ帰るか、パリで治療するか…

そんな風に私があたふたしてるときに

ブルキナベにされた
本気のプロポーズ。

確かに仲良しのいい人で、
職業も獣医さん。
ブルキナではなかなかの高収入。


決して悪くはない。


しかし、そんなときに考えた。

「私はこの人といて、一生私の好きな人生を歩めるのか」

結論=「ない」

正味2時間ほど口説かれている間の、5分くらいでこの結論に達し、
断るも、なかなかご理解いただけない模様。
本日も隣町まで行っていた彼は、私に粉ジュースじゃない、高級マンゴージュースと1,5ℓのコーラを買って来てくれた。

その気持ちはありがたい。
そしてマンゴージュースもおいしいから嬉しい。

けど…

冗談だったら、笑って面白おかしく返答するところだけど、
今回は真剣勝負。

こういう部類の駆け引きとやらが、非常に苦手な私は、
早速仲良しブルキナベマダムたちに相談。

「ゆっくり、やんわり断っていくのよ」

とのこと。あー難しい。あー面倒くさい。

ブルキナで過ごしたこの時間は、
この先どう自分に影響していくのだろう。

休暇を貰っている市役所に、何かの形で貢献できるような
そんな技術を身につけている訳でもない。

でもきっと、私という人の経験として、
どこかで何かの糧になる、そんな経験なんだろう。


ベレバはもう、「自分らしくいられる場所」のひとつ。
今まで文字を書いたことのない子どもたちにアルファベットを教えた。
そりゃもう、疾駆八苦。

しかし本日の成果は「i」が書けるようになったこと。

子どもたちに言い聞かせる。
「字が書けるようになったら、私が日本に帰っても手紙が書けるでしょ?」

私がいなくなっても、学校に通っている子が文字を教えられるように
私と一緒に文字の書き方を教える。

10年後も、20年後も、
私のかわいい子どもたちが生きやすく
「自分らしく胸を張っていられる」
そんな場所になるように。


自分が正しいと思うことを、素直に行動する。
そうやって私は自分の場所を日々、作る。

んーなんだかまとまりのない文章になってしまったけど、
どうもソーラーパネルの調子が悪いので、本日はここまで。続きを読む
posted by trekko-ayano at 07:41| Comment(2) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。