2011年10月20日

ハイジャック

市役所がハイジャックされたっ!!!
市役所の建物の中にいた私は、同僚に護衛されながら脱出。


ぶーんぶんぶん


そう、蜂の大群が市役所をハイジャック。

どこからともなくやってきた、蜂の大群。
市役所の周りでぶんぶん音がしていたと思ったら、
あっという間に市役所の中は蜂でいっぱいに・・・

びびりまくる私を護衛しながら、全員脱出成功◎

お陰で昨日の午後は、全く仕事にならず。。


はてさて、

日本から3人のお客様が来ている間に・・・
バンコニ小学校で図工の授業。

PA121009.jpg

子どもたちは、初めて使う絵の具に大騒ぎしながら、
30分の予定の授業が、結局午前中まるまるいっぱいかかってしまった。

「ベレバの生活」

を題名に、3人一組で絵を描いてもらったんだけど・・・
びっくりするほど、絵が描けない 笑

自分で見たものを、絵に描くことがあまりないからなんだろう。

お手本がないと、何を書いていいのか分からなかったり、
絵でも、直線はきっちり線引きで引いたり、

私たちも、驚くことばかり。
いやはや、貴重な経験をさせていただきました。

そして、小学校の先生方。
すっかり図工の授業に味をしめたようで・・・
土曜日の午前中、今度は鶴の折り紙教室開催予定。

1人で、鶴の作り方を教えられるか不安だけど・・・
やるしかないっ。。。


そして

ついに市原市役所で集めてもらったポロシャツを配布した。

3月にポロシャツが届いてから、早半年。

ようやく、バンコニ小学校、ベレバ小学校、シバロ小学校、ロフィカフン小学校、ベレバ中学校、ワクイ中学校に配布。

市長が決めた配布先に、サイズを分けつつ選別・・・
3人の手助け、本当に助かりました。

PA120984.jpg

ポロシャツをもらった子どもたちは、ものすごーく喜んでくれた。
新しい、みんなお揃いのポロシャツ。
うれしくて、うれしくて、配ってる間は大騒ぎ。

PA120972.jpg

でも、同時に感じた難しさ。

ポロシャツは全員に配れる訳じゃない。
子どもだけじゃなく、大人だって、
日本から送られてきたきれいな洋服は、誰だって欲しい。

日本で受けた研修の中で学んだ、「外部者が選択することの恐ろしさ」

私はあくまで外国人。
どんなにコミュニティーの中に入り込もうとも。

その外国人が「選択」や「決定」することが、コミュニティー内に
亀裂を生むきっかけになる。


私は、来年6月にこの村を去る。

でも、この村で生活している人たちは、ずっとここで生活している。
私がベレバの生活に入り込んだことで、負の影響を被る人はでないだろうか。

常に自問自答する。

PA131022.jpg

日本から、3人が来てくれたお陰でできたことがたくさん。
私も、子どもたちも。

「のんのん、みさ、ぐり〜」

子どもたちが3人の名前を口ずさむ。

きっと、子どもたちも、3人と素敵な経験ができたに違いない。

posted by trekko-ayano at 18:10| Comment(3) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

どどど…

どどど…

怒涛の一週間。
24時間×7日
60分×24時間×7日

長いようだけど、あっという間な一週間。

土曜日に到着した3人も、ブルキナ滞在時間の残りは24時間を切った。

「濃い」そんな時間を過ごしてくれただろうか。

日本からブルキナへ帰るときに、
ブルキナに「帰る」という感覚が、
周囲にはちょっと意外なようだった。

でも、私の住むベレバには
「家族」と思える人たちがいる。

そんな私の「家族」を、3人も私の家族として認識してくれたようだ。

彼女たちは日本へ帰る。

でも、私が帰る場所はベレバ。

世界中に2千人以上いる協力隊の中でも、
きっと群抜いて、下の下の生活をしているはず。
きっと、傍から見たら「過酷」と言われる生活をしているはず。

でも、そんな私の生活は、ベレバの家族に支えられている。

来年の6月には、日本に帰る外国人の私。

だけど、そんな私を温かく見守ってくれる家族がいる。

何もない小さな小さな村だけど、
胸を張って言える。

大好きな、私のベレバ。と。

そんな私の生活を、実際に見に来てくれた3人の友だち。

貧困、恐怖、飢餓、紛争、不衛生

きっと、日本でのアフリカのイメージは、こんなネガティブなものだろう。

黄熱病の注射も、高い航空運賃も、長いフライトも、
ブルキナに来るのは、ハードルが高すぎるかもしれない。

それでも、3人は言ってくれた。

「来て、本当に良かった」と。



世界中の協力隊。
きっと、いろんな悩みを抱えて、いろんな壁にぶち当たっている。
きっと、それぞれの「協力」や「支援」のアプローチのやり方も違うし、
生活も違う。

だけど、私は世界中の協力隊の中でも、
きっと1番素敵な経験をしている。

過大評価かもしれないけど、そう思える時間を過ごしているんだもん。

そんな私の素敵だと思える時間を共有できたこと。
感謝しないと。

そして、3人のお陰で、
私もたくさん、新しい経験ができた。
私もたくさん、新しい発見があった。

素敵な時間を私にくれて、
本当にありがとう◎


posted by trekko-ayano at 09:44| Comment(3) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

待ちに待った。。

先週の土曜。
待ちに待っていた。

日本からの来客◎

何だか白人の多い空港の出口で、同僚と待つこと1時間…

日本から3人のお客様。
香港、パリでの乗り継ぎを経て無事到着。

日曜にベレバへ来てから、
毎日の大量のごはんに戸惑いつつ、
子どもたちの元気さに圧倒されつつ、
あまりの村生活に唖然としつつも、

村の人々の優しさに触れ、
温かさに触れ、

三者三様、ベレバでの生活を楽しんでいる模様。

私にはすでに、「当たり前」の生活。
1年前にびっくりしたことなんて、もう頭の片隅の隅っこまで追いやられていた。
だから、私もベレバの「普通」が「普通」じゃなかったんだと驚く日々。

市役所の仕事を手伝わせたり、
小学校で授業させたり、

こき使ってすみません…汗。

ちなみに明日は、小学校で図工の授業。
市役所の仕事から、一気に職種を変更 笑

30分の授業だけど、

得るものも大きい。

そんな30分になってほしいな。
posted by trekko-ayano at 08:57| Comment(3) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。