2011年02月28日

隠し事はもうやめよう

ベレバに来た当初は、自分のうちに人が入るのも少し嫌だったり、
ごはんを食べるときは子ども払いをしたり、
パソコンも人目に付かないように使ったり、

色々と変に気を使うことが多かった。

でも、誰でも自由に我が家に出入りできるようになり、
ごはんもたくさん用意して子どもとたべるようになり、
パソコンでフランス語のアニメを子ども達と一緒に見たり、

いろんな制限を取り除くことで、ものすごく開放された。
それはもしかしたら、危険を生む一歩なのかもしれない。(安全対策的には・・・)

ベレバに住む村人の生活と私の生活は、やっぱり違う。
我が家には、ソーラーパネルがあり、スイッチで付いたり消えたりする蛍光灯があり、ガス台があり、デジカメがあり、パソコンがある。
ほとんどの村人の家には、このどれもない。

違うものは違う。
でもきっと、違うものを隠す必要はないのではないかと。

100人の日本人の中に、一人のブルキナベを見つけるのが簡単なように、
ベレバの中で、アジア人の私はいるだけで目立つんだから。

見た目は変えられない。

久しぶりに読んだ「深夜特急」で、著者が「物から解き放たれる」と書いていた。

物があふれる日本から来て、「物がないこと」が不自由でしかなかった最初の生活。
でも、ないならないなりに、工夫すればいい。無理なら、プランAからプランBに代えればいい。

それだけのこと。

そんな簡単なことなのに、物に囲まれていた私は気づくのが遅かった。

ここでの生活も同じこと。

子どもが家にずっといるなら、一緒にごはんを食べればいい。
一緒に映画を見ればいい。
一緒に昼寝すればいい。

それだけのこと。

大学時代に読んだ深夜特急。
改めて読み返して、改めて感じることが多かった。


土曜日の昨日、家の隣の小学校で公務員 VS G4(ベレバの村人チーム)でのサッカーの試合があった。ブルキナでも日本でも、一応私の肩書きは公務員。という訳で公務員チームで参戦。

結果は3-3。10キロの増量と、久しぶりの運動が重なって、身体が重いったらありゃしない・・・しかし、いい大人の男性人に混ざってプレーする紅一点の私がボールを持つ度に大喝采。サッカーは苦手だけど、みんな喜んでくれるなら、下手でもいっか。

夜は夜で、ベレバの女性グループのお祭りに招待されたため、水浴びして、ダンス祭りに。しかも生バンド付き◎
日頃から可愛がってもらっているベレバの女性たち。
カメラマンも来ていた昨日。いろんな人と一緒に写真を撮り、たくさん踊り、たくさん食べ。。KOURA Hayaro(私のベレバ名)の歌も生バンドに歌ってもらい、その歌にあわせてみんなで踊り・・・

みんなが自分の娘のように可愛がってくれる。
みんなが自分の妹のように面倒を見てくれる。

サッカーのあと、5時間も踊り続けて、身体中筋肉痛。そしてクタクタ。
だけど、みんなが喜んでくれたなら、

それでいい。 
posted by trekko-ayano at 05:58| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

今日は土曜日。
いつも7時過ぎには起こしに来る子どもが・・・来ない。
お陰で8時過ぎまでぐっすり。

朝からワイワイしているはずの我が家が静か。。

あ、今日は小学校のサッカーの試合だった!!!

ベレバ地区の各小学校のサッカー大会。
今日は第一戦目、バンコニ小学校VSロフィカフン小学校
大慌てで、本日会場の我が家の隣のバンコニ小学校へ。

9時過ぎだけど、まだ始まってなかった。
よかったよかった◎

IMGP2571.jpg

IMGP2574.jpg

みんな裸足で、必死にボールを追いかける。
結果は0-0の引き分けだったから、来週の再戦にもちこし。
次回が楽しみ!!

その後はいつものごとく、動物園。
ごはんを作り、みんなで食べ、昼寝し・・・
夕方にはいつもの通り、畑の水遣り。
様子を見に行くと。。。

「んごー!!!!」

何かと思ったら、畑の入り口の脇で、豚が出産中。

IMGP2651.jpg

私が発見したときは5匹。
その後、2匹が新たに誕生し、計7匹の子豚さん。
お母さん豚のおっぱいを必死で吸いながら、新しい空気を吸っていた。

初めて見た、出産シーン。
お母さん豚は、出産するために、近くの葉っぱでベットを作り、
苦しさにもだえながらも、元気な子豚たちを出産。

命。

こうして命は生まれるんだ。
お母さん豚、お疲れ様!!
これから子育て、頑張ってね◎

IMGP2660.jpg
posted by trekko-ayano at 05:22| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

3人目の訪問者

我が家ベレバは幹線道路から25キロ離れた村。
バスは1日3本
そして・・・

何もない。

そんな村の1人目の訪問者
JICAのボランティア調整員

そんな村の2人目の訪問者
協力隊の同期隊員の戦友

そして3人目の訪問者
隣町ウンデの協力隊の先輩ミカさん

イスラム教の祝日だった昨日、我が家はいつものごとく、動物園状態。
我が家のごとく、近所の子ども達がうちのリビングでごろごろくつろぐ。
それを横目にご飯の準備。

献立は何にしようか考え・・・
何だか今日は子どもが多いので(ざっと10人以上)、5合のお米とカレーを準備。
みんなでご飯の後は、子ども達がお皿荒い&ごはんやカレーがこぼれたうちの中の掃除。
我が家の休日は、相当刺激的かつ相当疲れる。

25キロの道のりが、途中で道を間違えてしまったらしく、65キロもバイクで走ってベレバに到着した先輩隊員ミカさん。乾期とはいえ、道も悪いから途中で転んだらしい。
本当に、遠いところ来てくれてものすごーくうれしい◎

そんなミカさん、我が家の動物園状態にはかなり驚いた模様。
ミカさん宅で遊ぼうとする子どもがると、まず警備員に怒られるらしい。
2人目の訪問者までは、緊張してなかなか近づかなかった人見知りの子ども達。
しかし、もう外国人にも慣れた模様の子ども達。

お陰で、ミカさんは「折鶴作って」攻撃に遭い、膝に乗って甘える子どもあり、ゴムとびに誘われ、バレーボールに誘われ・・・65キロもバイクで走った挙句に、子ども達にもみくちゃにされ、疲れましたよね。。絶対。

警備員がいない我が家は、子どもにとって絶好の遊び場。

写真、カメラ、パソコン、絵本、マンガ、爪きり・・・
ベレバの子どもたちにとってはめずらしいものばかり。
そりゃ、楽しいわな。

そんな子ども達。
ずっと私が算数の計算問題を出してたからか、最近は自分たちで問題を出し合いっこ。
爪が伸びたら、爪切りを持って、切ってもらいにくる。

私がこの子ども達にできることはなんなんだろう・・・ってずっと考えていたけど、
自己満足に過ぎないかもしれないけど、こういうことなのかもなぁ・・・と最近思い始めた。
私がいることで、この子たちの将来の夢や選択が増えることを期待すること。少しでもBetterな生活を知ることで、もっといい生活がしたいと思うようになってくれれば、それだけでも私がここで生活している意義があるのではないかと。

まぁ、自己満足だけど。

先日、日本にいる妹とチャットしていて、「あやちゃん、楽しい?」って聞かれた。

ベレバでの生活は、プライベートなんて一切ないし、ブルキナベのあれ頂戴、これ頂戴攻撃に萎えることも少なくないし、大変なことも沢山ある。

でも、こんな生活、2年の任期が終わって日本に帰ったら、きっと一生しないと思う。
もしかしたらここで出会った人々には、一生会えないかもしれない。
そう思うと、ベレバでの毎日は本当に貴重な経験だと思う。
「楽しい」と思えるときばかりじゃないけど、「楽しい」と思えることもたくさんある。
それに私を通じで、今まで遠かったアフリカが少しでも身近になってくれる人が日本にいると思うだけで、嬉しい。

この3月で、日本に帰るミカさん。私の家族や、大好きな人達がたくさんいる日本。ちょっぴり羨ましく思うけど、私の任期は2012年まで。

ブルキナにも、日本にも、何が残せるのか分からない。
ここにいることは、私の自己満足に過ぎないんだろう。
それでもいい。私にできることをして、今の生活を思い切り楽しもう。

昨日撮った写真は、子どもが何を操作したのか全部消えてしまったので・・・
今日の写真。今日は同僚みんなで(出張中のSGと市長以外)カリテバーターをじゃぶじゃぶかけたベンゲを食べに。

IMGP2559.jpg

そしてそのあと、SGに頼まれた野生のうさぎさんの肉。ご近所さんの私が持っていくはめに・・・
まさにうさぎさんの形のままの燻製。お味も、野生の味。でも、スープにすると美味らしい。。

IMGP2563.jpg

IMGP2565.jpg
posted by trekko-ayano at 08:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。