2011年01月12日

ブルキナファソって・・・

私の母校、亜細亜大学の職員さんから、こんな記事が送られてきた。

産経新聞の1月8日の記事。
ブルキナファソ日本大使館の杉浦大使の話。

彼の言うとおり、ブルキナファソには資源が豊富にある訳ではない。
(金とかレアメタル系はとれるみたいだけど・・・)
国土も小さい。観光資源も・・・まだまだ開発途中。
確かに、魅力があるか・・・っていったら

ん〜。

ブルキナベは非常に温かくて大好きなんだけどね。

そんなブルキナ。
台湾と国交を結んでいるから、中国(大陸の方)はまだほとんど入ってきていない。
にもかかわらず、私が赴任した当初は

「シノワ=中国人」

っていう人が多かった。
それから、すぐ壊れちゃうような機械のことを指して「中国製だから」
なんていうブルキナベも結構みかけた。

ブルキナに入ってきていない国にも関らず、すごい・・・中国パワー。

(ちなみに最近は「ジャポネ」と「Ayano」及び「Hayaro」が着々と浸透中◎)


でも、その一方で「made in JAPAN」も人気。

自動車(ランクルは大人気)
自転車(日本の中古車が入ってきてる。ちなみに私の自転車は群馬県警の防犯登録シール付◎)
バイク(ヤマハ、ホンダ)
パソコン機器
電化製品

などなど。。中古品で入ってきているものも多いけど、
メイドインジャパンは人気。高いけどね。

日本製の製品だけじゃなく、
「日本」で学んだとか、研修を受けたとか、日本で仕事をしたとか・・・
日本での経験もその人のバリューになるらしく、

「日本で車整備の研修はないのか?」

とか、聞かれることもある。

それに、杉浦大使も言及してるけど、資源のない日本が発展した理由を問われることも少なくない。(特に学校関係者は興味がある人が多いみたい)

これだけ人気のジャポンなのに、ブルキナにはまだ企業進出してないなんて・・・
商業チャンスはあると思うんだけどな。。


何もない

けど、

何か作り出せる

そんな可能性があるんじゃないかと、私個人は思う。
posted by trekko-ayano at 05:53| Comment(2) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。