2011年01月10日

バラカ


「Ayano, バラカ」

最近よく言われる言葉。

=「Ayano、ありがとう」

昨日、ふと思い出した・・・小麦粉。
買ってきた小麦粉に虫が。。。
でも捨てるのはもったいないから、ふるいにかけて虫を避け揚げドーナツを作った◎
揚げたドーナツにお砂糖をまぶして、隣のうちの子どもたちのおやつに。

しかし、それはドーナツを揚げてるときに判明した。。。

「今日は夜ご飯ないんだぁ」

と隣のうちの子。

「えっ?? トー(トウモロコシの粉から作ったブルキナの主食)もないの??」

「うん・・・」

という訳で、昨日の隣の晩ごはんは私の揚げたドーナツ。1人4つずつ食べたらしい。
雨季の間、ずっと耕作をしてたはずなのに、何でごはんがないの?!
隣のお家のお財布事情は決して豊かじゃない。
お父さん1人、お母さん2人、子ども8人(うち、学校に通っているのは1人)
ベレバの多くの家庭は一夫多妻だから、隣のうちも奥さんは2人。

子どもがたくさんいるのは悪いことじゃないとは思うけど、
ごはんはちゃんと食べさせてよっ!!!!!って内心ちょっと思いつつも・・・
そこはあくまで家庭の事情。私がどうこう言えることじゃない。

でもでも

普段、ちょこちょこ遊びに来てくれたり、畑の水遣りや水汲みを手伝ってくれる子どもたち。
今日の朝はちゃんとトーを食べたみたいだけど心配だったので、お昼は同僚に貰ったお米を6合炊いて、玉ねぎとトマトとツナ缶入りのリグラを作って隣のお家と隣のブティックへおすそ分け。

貰ったお米、精米してもらったんだけども
小石が混ざってたり、籾殻のごみも混ざってるから洗うのも一苦労。
小石を避けて、ごみを飛ばして・・・手間がかかるのなんのって。。

日本に居れば、どんなに疲れてても、どんなに遅くなっても、お母さんがいなくても、冷蔵庫の中には「何かしら」食べ物が入っていたし、いざとなればコンビニに行けば、何かしらの食べ物が手に入る。

お金ない〜と言っても、食べられないほどお金がなかったことなんて ない。

改めて、ブルキナの「貧しさ」を見た気がした。

昨日はカレーを作った。お肉はヤギさんしか簡単に手に入らないのでヤギさんで・・・
しかしやっぱり臭う山羊肉。うちに遊びに来てた市長の子どもとその友達と3人でご飯を食べていたら、ドアに張り付いてうちの中を覗く子どもを発見・・・

はいはい。と言ってお皿に残ってたご飯とカレーをよそって渡す。

「Ayano,バラカ」

ベレバでは、綿花、トウモロコシ、落花生なんかを雨季の間耕作する人が多い。
トウモロコシは主食用、綿花は換金食物、落花生は食用。
それ以外の食べ物を作っている人はあんまり見かけない。
最近は少し増えたけど、市場にも野菜はあまり入ってこない。
ちょっと前までは ナス、トマト、玉ねぎ、サツマイモ 以上
先週の金曜日はそれにプラスして、玉ねぎ(葉付)、インゲン、ピーマン。

久しぶりに見た、緑の野菜に大興奮したけど、
それにしても、高い。

だけども、栄養とか食育を考えると、
大事だと思うんですけど・・・食べることって。
日本みたいに「自分の土地」を買わなくても、適当に空いている土地を畑にできるんだから・・・
何せ、土地は基本的に「国のもの」だから。
この栄養の偏り・・・どうにかならないだろうか。。。
同じブルキナでも、野菜や果物の栽培が盛んな地域もあるのに。

何で何だ?!ベレバ!!!!

私の栄養も大いに偏っているので(増量してるから問題ないとは思うけど・・・汗)、
ようやく始めた家庭菜園第2弾。
今度は豚さんとか山羊さんに食べられないように、ちゃんと囲いを作って
その中に、にんじん、ピーマン、さやえんどう、キュウリ、サラダ菜、ブロッコリーを植えてみました。
雨季と同様に畝を作って植えようとしたら、乾季は畝を作っちゃだめらしい。
何故なら水が逃げるから。
という訳で、今は小さな植木鉢(といっても壊れたタイヤとか壊れたプラスチックの入れ物だけども)に苗を作るべく、種をまいてみた。

朝、夕の水遣りは面倒だけど、身体が異常に欲している緑黄色野菜が食べられる日を夢見て・・・

隣のうちの子たちと、今日は半日農作業。
かっちんかっちんの土を耕したため、手にはもちろんマメが。。
午後には市長の奥さんと一緒に、隣村へ見本の家庭菜園場を見学に。

時間も手間もかかるけど、
大事な野菜。今度はたくさん実るように頑張らねば!!!
たくさん収穫できたら・・・目指せ、隣のうちの子たちの食育◎

posted by trekko-ayano at 06:29| Comment(2) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。