2011年01月14日

Ayanoマシーン

おっと。何だか今日はネットの調子がいいので・・・
昨日の記事から→→

産経新聞1月8日付21面.pdf

見えるかな?!

最近付いた、私のもう一つの呼び名。

その名も「Ayanoマシーン」

名づけ親は私のベレバのパパ。
由来は・・・先日、出生届けを記録する登録簿にページをふっていたときのこと。

登録簿に何ページあるか、ベレバから100キロ離れたボロモという街の市役所まで登録簿に署名と判子を押してもらいに行くために、市役所に残っている登録簿すべてにひたすらページをふり続け・・・もちろん、ナンバリングなんかないから手書きでページを書いていくんだけど。

ただひたすらページを書き続ける超単純作業。
頭も使わないから、普段の書き写しの作業よりも数倍早く仕事が進む。
だから、同僚が10冊終わらせる間に私は30冊の登録簿のナンバリングが終了。

そこで、同僚が一言。

「綾乃はマシーンだなっ」

って、オイオイ。
ただのナンバリングだからさ。
確かに仕事をこなすのは、ブルキナベの同僚よりかは早い。
それはただ単に、おしゃべりしながら手も動かしてるだけ。
大したことはない。

しかし・・・そんな私に大量にふってくる仕事 涙

今日、ようやく年末年始の休暇を終え仕事に復帰したSGと、同僚たちとのミーティング。
2010年の反省と2011年にやりたいこと、変えた方がいいことを話し合った。

ざっと・・・

2010年。証紙がなくなったり、紙切れで仕事が滞ることが多かった。それはもう辞めたい。
2011年。パソコンや電気はすぐには手に入らないから、できることから改善していく。そのために、住民登録課の4人(秘書を含む)と話し合う場を持ちながら、業務改善を目指す。

私の2010年の反省と2011年の抱負。
細かいことは、レポートを書いてみんなに回覧したから
私のやりたいこと、改善したいこと等々は理解してもらってる・・・ハズ。

こんな感じで、みんなの反省と抱負を聞いていると

みんなちゃんといいポイントに問題意識を持ってるじゃん!!!

同僚の言ってることがちゃんと実現できたら、ものすごくいい市役所になるはずなんだけどなぁ。。なんて考えてるうちに、今年の仕事分担の発表。

2011年、私に割り当てられた仕事内容は以下の通り。

@出生登録していない証明の発行。(2010年より引き続き担当)
A出生登録の写しの受付と交付。(2011年より新規担当)
B出生登録簿の検索作業。(2011年より新規担当)
C市役所に来た手紙、書類の整理、登録簿への記入(2010年より引き続き担当)

めちゃめちゃがっつり仕事が割り当てられてるじゃないですか。。
私、2012年6月までの期限付き職員なんですが。。。

他の職員が担当していたけど、うまく回っていなかった(もしくは全然終わっていなかった)仕事がどーんと回ってきた。

そして、Bの仕事。
1950年以後の登録簿が、ベレバが管轄する4つの地区(日本でいったら・・・大字的な?!)に分かれているんだけど、出生登録の写しを交付するために、原本の登録簿を探してそれを秘書に回しタイプしてもらうための、登録簿探し。

ちょー苦手なんですけど。

だって、みんな筆記体なんだもん。読みずらいったらありゃしない。
そして、ぼっろぼろの登録簿をぺらぺらめくって探す恐怖。
いつ破けるか、いつページが取れちゃうかわからないから怖いのに。。

そしてCの仕事。
もちろんレターはすべてフランス語。庶務みたいな仕事かな。
どんな内容のレターが、どこから(もしくは誰から)、いつ来たか。
これまた受付帳にもちろんフランス語で記入しなければならない。
フランス語でレターの内容を理解するのも大変なのに、ましてや内容の要約まで。
秘書の仕事だったんだけど、今まで全然終わっていなかったので、私に回ってきてしまった。

これは、フランス語上達のための強制トレーニング?!

なんて思いつつも、しょうがないので明日から頑張ります 涙


しかし、早速ながら私の書いたレポートの内容を反映してくれた同僚たちに感動◎

@証明の受付と交付の時間を設ける。
7時から9時の間に受付した分→11時45分から交付。
15時から15時半に受付した分→16時45分から交付。
A週1回のミーティング。
「改善(KAIZEN)の浸透と人材育成(市役所職員のボトムアップ)の場になるようにする。

これで少しでも働きやすい環境と、住民サービスの向上が図れるであろうか・・・。
ま、やるしかない◎◎◎

と、話は変わり・・・・

昨日、ベレバのバッフォン(大きな水溜りみたいなところ)で、年に1度の魚釣りが開催。
雨季の間に沼地に集まった魚を捕まえていい日。
魚釣りといっても、竿と釣り糸なんか使いません。

IMGP2197.jpg

同僚と一緒に、仕事をちょっと抜けて見学に。

魚釣りのアイテムは、カゴ。

IMGP2201.jpg

こんな感じで、沼地にカゴを突き刺して、その中に魚が入ってないか上に空いてる小さな穴から手を突っ込んで、手で探る。
すごい無謀そうだけど、以外と捕れるんです。魚くん。

IMGP2202.jpg

ちなみに捕れる魚は、なまず的なこんな魚とコイ。
コイだけど、大きくても手のひらサイズですけど・・・。

来年は、もし機会があれば私も魚捕りに参戦してみよっと 笑


さてさて、またまた話は変わって・・・
今日も同僚と一緒に仕事を抜け出して市長のうちへ。

何故なら、市長に子どもが生まれていたから。
みんなお正月に市長のうちに行くまで知らなかった、新生児の誕生。
ベレバの市長は3人奥さんがいて、私がいつもお世話になっているバンコニ小学校の校長先生はそのうちの1人。あとの二人は隣村に住んでいて、いつも私にいたずらをしてくる子どもの妹。

IMGP2218.jpg

左側のお母さんが今回、出産したママ。

こんな嬉しい知らせなのに、何故みんなに言ってくれないの、市長!!!
とりあえず、お祝いを持って挨拶。まだ首も据わってない赤ちゃんの抱っこは・・・
やっぱりドキドキ。日本では、私の友達たちが着々とお母さんになって、こんな赤ちゃんを抱っこしたり、おっぱいあげたりしてるんだよな〜なんて、ふと思いながら。

いつかは私も・・・
いつかは・・・ウン。
いつになることやら・・・

でも、一つだけ残る疑問。
何で赤ちゃんなのに、眉毛と目元に化粧するんだ・・・ブルキナベ。。
ナチュラルの方が、断然かわいいと思うんだけども。。

いつか私に子どもができても、赤ちゃんに化粧だけは・・・したくない。

っと、内容がなんだか盛りだくさんになってしまった。。。
でもネットの調子がいいときに、できるだけいろんなことを書きたくて・・・

そんな記事を書きつつ、晩御飯を作りつつ(今日は、梅とコブの炊き込みご飯とキャベツの野菜炒め)、隣のブティックの子にサツマイモを揚げたのを差し入れしたり、なんてしていたら、市長の奥さんからトーの差し入れ。ゴマのソースと一緒に。
市長の奥さんのうちのトー、めちゃめちゃおいしくて、2,3日食べないと食べたくなってしまう。味覚までブルキナベ化中。

しか〜し、今日は完全に食べすぎ・・・明日は1日ご飯作らなくてすむな、こりゃ。
明日で食べきれるかな・・・。いや、明後日の朝までいけるな。

こりゃ、痩せやしない。。。困った困った。
posted by trekko-ayano at 07:22| Comment(3) | 市役所のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

ブルキナファソって・・・

私の母校、亜細亜大学の職員さんから、こんな記事が送られてきた。

産経新聞の1月8日の記事。
ブルキナファソ日本大使館の杉浦大使の話。

彼の言うとおり、ブルキナファソには資源が豊富にある訳ではない。
(金とかレアメタル系はとれるみたいだけど・・・)
国土も小さい。観光資源も・・・まだまだ開発途中。
確かに、魅力があるか・・・っていったら

ん〜。

ブルキナベは非常に温かくて大好きなんだけどね。

そんなブルキナ。
台湾と国交を結んでいるから、中国(大陸の方)はまだほとんど入ってきていない。
にもかかわらず、私が赴任した当初は

「シノワ=中国人」

っていう人が多かった。
それから、すぐ壊れちゃうような機械のことを指して「中国製だから」
なんていうブルキナベも結構みかけた。

ブルキナに入ってきていない国にも関らず、すごい・・・中国パワー。

(ちなみに最近は「ジャポネ」と「Ayano」及び「Hayaro」が着々と浸透中◎)


でも、その一方で「made in JAPAN」も人気。

自動車(ランクルは大人気)
自転車(日本の中古車が入ってきてる。ちなみに私の自転車は群馬県警の防犯登録シール付◎)
バイク(ヤマハ、ホンダ)
パソコン機器
電化製品

などなど。。中古品で入ってきているものも多いけど、
メイドインジャパンは人気。高いけどね。

日本製の製品だけじゃなく、
「日本」で学んだとか、研修を受けたとか、日本で仕事をしたとか・・・
日本での経験もその人のバリューになるらしく、

「日本で車整備の研修はないのか?」

とか、聞かれることもある。

それに、杉浦大使も言及してるけど、資源のない日本が発展した理由を問われることも少なくない。(特に学校関係者は興味がある人が多いみたい)

これだけ人気のジャポンなのに、ブルキナにはまだ企業進出してないなんて・・・
商業チャンスはあると思うんだけどな。。


何もない

けど、

何か作り出せる

そんな可能性があるんじゃないかと、私個人は思う。
posted by trekko-ayano at 05:53| Comment(2) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

バラカ


「Ayano, バラカ」

最近よく言われる言葉。

=「Ayano、ありがとう」

昨日、ふと思い出した・・・小麦粉。
買ってきた小麦粉に虫が。。。
でも捨てるのはもったいないから、ふるいにかけて虫を避け揚げドーナツを作った◎
揚げたドーナツにお砂糖をまぶして、隣のうちの子どもたちのおやつに。

しかし、それはドーナツを揚げてるときに判明した。。。

「今日は夜ご飯ないんだぁ」

と隣のうちの子。

「えっ?? トー(トウモロコシの粉から作ったブルキナの主食)もないの??」

「うん・・・」

という訳で、昨日の隣の晩ごはんは私の揚げたドーナツ。1人4つずつ食べたらしい。
雨季の間、ずっと耕作をしてたはずなのに、何でごはんがないの?!
隣のお家のお財布事情は決して豊かじゃない。
お父さん1人、お母さん2人、子ども8人(うち、学校に通っているのは1人)
ベレバの多くの家庭は一夫多妻だから、隣のうちも奥さんは2人。

子どもがたくさんいるのは悪いことじゃないとは思うけど、
ごはんはちゃんと食べさせてよっ!!!!!って内心ちょっと思いつつも・・・
そこはあくまで家庭の事情。私がどうこう言えることじゃない。

でもでも

普段、ちょこちょこ遊びに来てくれたり、畑の水遣りや水汲みを手伝ってくれる子どもたち。
今日の朝はちゃんとトーを食べたみたいだけど心配だったので、お昼は同僚に貰ったお米を6合炊いて、玉ねぎとトマトとツナ缶入りのリグラを作って隣のお家と隣のブティックへおすそ分け。

貰ったお米、精米してもらったんだけども
小石が混ざってたり、籾殻のごみも混ざってるから洗うのも一苦労。
小石を避けて、ごみを飛ばして・・・手間がかかるのなんのって。。

日本に居れば、どんなに疲れてても、どんなに遅くなっても、お母さんがいなくても、冷蔵庫の中には「何かしら」食べ物が入っていたし、いざとなればコンビニに行けば、何かしらの食べ物が手に入る。

お金ない〜と言っても、食べられないほどお金がなかったことなんて ない。

改めて、ブルキナの「貧しさ」を見た気がした。

昨日はカレーを作った。お肉はヤギさんしか簡単に手に入らないのでヤギさんで・・・
しかしやっぱり臭う山羊肉。うちに遊びに来てた市長の子どもとその友達と3人でご飯を食べていたら、ドアに張り付いてうちの中を覗く子どもを発見・・・

はいはい。と言ってお皿に残ってたご飯とカレーをよそって渡す。

「Ayano,バラカ」

ベレバでは、綿花、トウモロコシ、落花生なんかを雨季の間耕作する人が多い。
トウモロコシは主食用、綿花は換金食物、落花生は食用。
それ以外の食べ物を作っている人はあんまり見かけない。
最近は少し増えたけど、市場にも野菜はあまり入ってこない。
ちょっと前までは ナス、トマト、玉ねぎ、サツマイモ 以上
先週の金曜日はそれにプラスして、玉ねぎ(葉付)、インゲン、ピーマン。

久しぶりに見た、緑の野菜に大興奮したけど、
それにしても、高い。

だけども、栄養とか食育を考えると、
大事だと思うんですけど・・・食べることって。
日本みたいに「自分の土地」を買わなくても、適当に空いている土地を畑にできるんだから・・・
何せ、土地は基本的に「国のもの」だから。
この栄養の偏り・・・どうにかならないだろうか。。。
同じブルキナでも、野菜や果物の栽培が盛んな地域もあるのに。

何で何だ?!ベレバ!!!!

私の栄養も大いに偏っているので(増量してるから問題ないとは思うけど・・・汗)、
ようやく始めた家庭菜園第2弾。
今度は豚さんとか山羊さんに食べられないように、ちゃんと囲いを作って
その中に、にんじん、ピーマン、さやえんどう、キュウリ、サラダ菜、ブロッコリーを植えてみました。
雨季と同様に畝を作って植えようとしたら、乾季は畝を作っちゃだめらしい。
何故なら水が逃げるから。
という訳で、今は小さな植木鉢(といっても壊れたタイヤとか壊れたプラスチックの入れ物だけども)に苗を作るべく、種をまいてみた。

朝、夕の水遣りは面倒だけど、身体が異常に欲している緑黄色野菜が食べられる日を夢見て・・・

隣のうちの子たちと、今日は半日農作業。
かっちんかっちんの土を耕したため、手にはもちろんマメが。。
午後には市長の奥さんと一緒に、隣村へ見本の家庭菜園場を見学に。

時間も手間もかかるけど、
大事な野菜。今度はたくさん実るように頑張らねば!!!
たくさん収穫できたら・・・目指せ、隣のうちの子たちの食育◎

posted by trekko-ayano at 06:29| Comment(2) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。