2010年11月03日

Politique Campagne

月曜日=せっかくの休日◎

なのに・・・

6時半に同僚からの電話で起こされる。。。チーン
「市役所の会議室の鍵、開けて〜」
大慌てで水浴び、着替え、日焼け止めを塗り、市役所へ。

なのに・・・

誰も居ないじゃん。。。

待つこと30分。
するとまた鳴る携帯。

誰かと思ったら、いつもお世話になりっぱなしの市長の奥さん。

「Action Socialの大臣が一緒にカッサホに行ってほしいらしいわよ」だって。

え〜、市役所だけど・・・とりあえず、鍵は隣の警察署に預け、急いで帰宅。
ベレバ出身の大臣と一緒に村に行くことに、

しかしハテ・・・一体何をしにいくんだろ〜??!!

と思いつつ、Tシャツから現地服のオシャレ着にお着替え。
朝食をとりつつ、お隣さんからもらったすいかにかぶりつきつつ、市長を待つ。

メルセデスに乗って、いざ17キロ離れた村、カッサホ(Kassaho)まで◎
水は減ってきたものの、道はがったがた・・・がんがん揺られながら、それでも眠気と戦いながら、カッサホへ到着。

大音量の音楽と、村人の踊りと、子どもたちの歌で大歓迎モード。

そして始まった・・・

「ブレイズコンパオレ!!!! ビクトワー」



あれ??



これって、選挙運動じゃないですか?!



私、公務員なんですけど・・・



11月21日にある、大統領選挙のための選挙運動。
ベレバ出身の大臣と、ウンデ、ベレバの市長と3村+モスク+1件を回る。
朝8時に出発し、17時前まで・・・

IMGP1450.jpg

ひたすら理解のできない現地語での選挙運動に付き合う。

飲まず食わずだったから、本当に辛かった〜。
現地のお酒のドロが出たけど、マラリア予防薬のメフロキン飲んだからお酒飲めないし 涙
お腹がすきすぎてフラフラしながら帰宅→すぐに市長奥さん宅へ行き、ご飯(トー)を食べさせてもらう 笑 お腹空いたよ〜って帰る家ができてしまった。。。



5年ぶりの大統領選挙。
現大統領のブレイズコンパオレと共に、

投票の際に必要な身分確認証を忘れずに持っていくこと

と、投票の仕方についても同時に説明。

そして一緒に配布した・・・

IMGP1455.jpg

コンパオレステッカーではなく、ただ紙に印刷しただけ。
だけど、識字率が30%を下回るブルキナでは、写真をみて人を選べるようになっているらしい。

選挙運動の人「字が読めないときはどうするの」

村の女性「写真を見て投票する」

現地語だったから、私の感による翻訳ですが・・・汗
こんな感じで、選挙の方法、投票の方法を丁寧に解説していました。

IMGP1444.jpg

一種、宗教的な熱気に「え〜っ」と思いながらも、
ブルキナの政治の一面を見ることが出来て、本当に勉強になった。
日本では公職選挙法に引っかかってしまうから、こんなこと、絶対出来ないけど。

それから、「水を飲むため」といって村人へ渡すお捻り。
水は井戸水だから、ただなんだけど・・・
って突っ込んだら、「それが政治なんだ」って言われた。

政治って・・・

よくわからん。。。


そんなこんなでクタクタになって帰宅したら、
我が家の前でスイカを食べるお隣さんの子どもを発見◎

IMGP1451.jpg

でもなんで、杵の中??
posted by trekko-ayano at 07:54| Comment(4) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。