2010年11月01日

お母さんの手

お母さんの手。

しわしわで
ごわごわしてて
硬くて
ガサガサしてて
厚ぼったくて・・・

決して綺麗とは言えない、お母さんの手。
でも、毎日料理したり洗濯したり、全く何もやらなかった私の分まで頑張ってたからなんだよね。

ブルキナに来て、手で洗濯したり、
毎日食器荒いしたり、雑巾がけしたり、

今日の夜、
お隣さんからもらったお豆をもらったまま放置していたのを
いい豆と悪い豆に選別を始めたときのこと。

ふっと自分の手を見て
思った。


お母さんの手みたいになってきてる。


確かに、鍬で畑を耕してまめが出来たり、
お豆を殻から出すのに、棒で叩くお手伝いをしてまめができたり、
毎日よくこき使っている私の手。
少しずつだけど、仕事をしない手から仕事をする手に変身中。
でも、やっぱりがさがさな手はいやだから、毎日カリテバターでマッサージ。

今日選別したお豆。
長雨の影響か、悪い豆が結構多かった。それにゴミや小石も混ざってるから、
いい豆だけを集めてペットボトルへ。
蛍光灯だけだと暗くてよく見えないので、懐中電灯を片手に・・・2時間。。。

確か、小さいときに家で取れた豆をいいのと悪いのに分けた・・・ような
(どういう訳か、小さいときの記憶があまり鮮明でないので確かではないけど)
おばあちゃんもそんなことやってたような・・・と昔昔の体験を思い出しながら、ひたすら悪い豆を取り除く作業を延々と・・・

まだやらなきゃいけない仕事、残ってるのに・・・
でもほっておいたら、お豆みんな悪くなっちゃうし・・・

と葛藤しながらも、無事お豆の選別作業終了。
スーパーで買ったお豆は、石ころなんて混ざってないし、悪い豆なんて入ってない。
だけど、畑でとれたお豆を隣の子どもたちが一生懸命豆の鞘から出したもの。

大事にいただきます。


ブルキナは、今週の月曜日は祝日◎
連休はゆっくり〜…なんて我が家には夢のまた夢。

朝6時。隣のうちのお母さんが子どもを呼ぶ声で起きる。
    子どもが家のとなりにつないだロバの鳴き声で起きる。
    うちの前を「ボンジュール」と言って通り過ぎる近所の子どもたちの声で起きる。

どんなに寝坊しても7時には目覚める。
超健康生活。

明日は何時まで寝かせてくれるかな・・・?!

IMGP1313.jpg

ベレバは列車が通る。
時刻表はあってないようなもの。
だけど、どこまでもまっすぐ続くこの景色が
何だかスキ◎

いつか、列車で旅しようっと。

そうそう、先日の蒸しパン。
こんな感じです。鍋×鍋で蒸してます 笑

IMGP1428.jpg
posted by trekko-ayano at 08:40| Comment(4) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。