2010年11月09日

フランス語が公用語って・・・

ふと思った。

日本の小学校が、授業を全部英語で教えるようになったら、落第する人は増えるだろうか?

日本では、多くの家庭で日本語が話されていて、学校でも日本語で授業が進められる。
でもブルキナでは、家庭で話す言葉と学校で教わる言葉は全く違う。
ベレバの辺りだと、お家で話すのはモレ語がボワム語かドゥラ語がほとんど。
でも、学校ではフランス語。

今までお父さんお母さんと話していたのと、全く違う言語で算数やら、理科やら、社会やらの授業が進められたら、きっと私なんか口元ぽかーんだろうな・・・

日本でも在日外国人の家庭だと同じような状況になっているけど、ブルキナではほとんど100%の人がぶち当たる第1難関。

私がブルキナに来る前の2ヶ月間。駒ヶ根でみっちり仕込まれたフランス語。
未だに文法はめちゃくちゃ、動詞の活用も間違えるし、発音は最悪。
だけど、フランス語が話せる人となら一応コミュニケーションがとれるくらいは
フランス語を身に付けてブルキナに来ることができた。
たった2ヶ月間だけど、されど2ヶ月。

こうやってフランス語を勉強できる環境にあることは、本当に恵まれているんだなって、ものすごーく感じる今日この頃。

ある私と同い年の女の子。
もちろんいい歳なので、背中には赤ちゃんをおんぶ。
市役所に自分の出生届を出しに来た。
でも、フランス語は全く話せない。
何故なら学校に行けなかったから。

ここでは、「学校へ行かない」という選択も可能は可能だけど、多くの場合は「学校に行けない」という選択枝しか選べない。
特に女の子の場合、学校に行かせてもらえないケースがまだまだ多い。
フランス語の話せない女性の多いこと多いこと。
自分の名前すら書けない、数字も読めない。
もともと文字がある社会ではないから、その影響もあるのかもしれないけど、
教育を浸透させるって、難しいのかなぁ。

8月の終わりにアメリカのピースコーで、私と同じように2年間のボランティアがベレバに来て、学校教育の向上のために仕事中。
高校の英語の授業をもったり、小学校や中学校で読み書きレベルが低い子どもたちの補講をやったり、女の子が学校に行っている間に妊娠しないように(昨年は中学校ので20人の子どもが妊娠し、学校を去ったそう)保健教育をやったり、とっても精力的に活動している。

子どもたちの将来のために活動する彼女。

お互い、「大変だけどね〜」なんていいながら、活動中。

今日は、日曜日に我が家へ遊びに来た子どもたちの1枚。

IMGP1523.jpg

最近我が家に遊びに来た子どもは、算数の足し算引き算の問題を出されるのである。

私「4+5=?」
子ども「10!!」
私「ホントに??」(落ち葉を拾い集め、確かめ算)
 「9じゃないの?」
子ども「あっ・・・苦笑」

簡単な足し算引き算だけど、これからの勉強の基礎になる部分。
庭に落ちてる葉っぱや小石を使って、楽しく勉強することが最近の目標◎
でもフランス語で確かめ算の説明・・・難しいよぉぉ。。




posted by trekko-ayano at 08:19| Comment(0) | La vie en Afrique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

ばたんきゅー

9月の終わりに首都ワガから帰ってきてから、
ずーっとベレバにいた。。

本当にずーっと。

日本でさえ、ウロウロするのが大好きな私は東京に行ったり、千葉の中をうろうろしたり、
旅行したり・・・こんなにずーっと同じ場所にいるなんて、今までの人生であっただろうか。
と思うくらいずーっとベレバにいた。

だって、平日はがっつり仕事だし、
土日も容赦なく仕事が入って・・・
選挙運動でバタバタして・・・

昨日もアイデンティティーカードの受付のため、朝7時から18時過ぎまで市役所に拘束。
忙しくなるだろうな〜と思って7時ちょっと過ぎに、ちょっと遅刻で行ったら

人、人、人。。。

なのに市役所開いてない・・・
同僚来たのは、なんと9時過ぎ。。。

そりゃ、土曜日だけど。
休日出勤だけど。
それまでフランス語が通じない中、大変だったんだからっ!!!

いっぺんに5個も6個も色んなことをやるのはとっても苦手なんだけど、
いろんな人の仕事が私のところに集まり、テンヤワンヤの中1日の仕事が終わり、
帰宅後、隣のブティックで買ったフランスパンに練乳をはさんでもらって、
それにパクついたあと、そのままバタンキュー。
翌朝8時までぐーーーーーーーーーーーーーーーーーっすり。


久しぶりにこんなに寝た◎


こんなベレバ生活ですが、
しか〜し、今週ついに首都へ上京◎
しかも予防注射 涙
しかも2本 大泣

だけど、ベレバの炭水化物に偏った食事にしばしおさらばし、
ピザとグラタンとか、アイスとか・・・食べたいものを食べるぞぉ!!!
冷えたジュースとかお水とかもいっぱい飲むぞぉ!!!
首都で、買いたいものを買いたいだけ買うぞぉ!!!

自炊しない限り、ここで食べれるものは・・・

リソース(ごはんにソースをかけて食べる)
ブイユ(甘いトウモロコシのお粥)
ガトー(揚げ菓子)
トムソー(お豆で作った揚げ菓子)
パン(乾燥もしくはしけっているものが多い。何故ならパン屋さんがないから)
トー(とうもろこしの粉で作ったブルキナの主食)
パタット(さつまいもの揚げたもの)

以上!!!!!!!!
これ以外の食べ物は、ほとんど見ないっ 涙
だから普段食べれないものをたーんと食べて来ようっと 笑
今から楽しみでしかたない◎

っと、最近は収穫の真っ最中。
トウモロコシに綿花に・・・

IMGP1439.jpg

綿花。ブルキナでは綿花を作っている農家さんがとっても多い。

IMGP1430.jpg

市長奥さん宅の庭。
一面とうもろこし!!!
ただいま乾燥中。
posted by trekko-ayano at 07:27| Comment(2) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

働かざるもの食うべからず

久しぶりにのんびり、お客さんも少なかったので
今までの仕事をまとめたり、
溜まってた書類をやっつけたり、
同僚の机の上に溜まっている書類を確認したり(ないないって書類をなくさないように!!!)、

今までバタバタ仕事してた分、
すこーしのんびり仕事

と思っていたら、

「Demien(ドゥミアン村)行くけど行く??」

って同僚に聞かれたので、二つ返事で

「行く行く〜」

と、荷物をちゃっとまとめ、市役所を出発。
どうも学校の建設現場の抜き打ち確認に行くらしい。
ボボから来たお偉いさん(監査役)に随行◎
監査役を四駆の荷台に追いやり、私はちゃっかり助手席を譲ってもらう。下っ端なのにスミマセン 汗

ベレバの主要道路は車が通れる広さだけど、
一本曲がると、そこにあるのはバイクと自転車用の道のみ。。。


道なき道を進む→→→

IMGP1458.jpg


と思いきや、本当に道がなくなってしまった 汗
ちょっと歩くも、田んぼのようにぬかるんだ道だったため、断念し元来た道に引き返し
違うルートを探す。

ここかな〜なんて、道らしきところに入ってみたものの・・・

あれ?
後輪、すべってない??


なんて思っていたら
まさかのスタック!!!!!!!!!!!!


前にも後ろにも進まないけど・・・

っと、みんな降りて、近くにある木の枝をバキバキ。
タイヤの下に差し込んでぬかるみから抜け出せるように、次から次えと手近にある枝や葉っぱを
集めます。

IMGP1461.jpg

そして・・・
ひたすら・・・


押すーーーーーーーーーーーーー!!!!


ぬかるみを出ては、はまって、出ては、はまって

を散々繰り返した挙句、ようやく脱出成功◎
足元はみんなぐっちゃんぐっちゃん。
私のクロックス君も、原型を留めない色合いに・・・

とりあえず、もう一度車に乗り込み、
学校の建設現場を目指す。

IMGP1479.jpg

学校の土台。

IMGP1482.jpg

ブロックもその場で作成。

図面と寸法が違っていたり、
建設の仕方があまりよくなかったりで、
工事現場の監督はかな〜り監査役に絞られていたけど、

建設とか工事とかのことは、
私にはさっぱりなので・・・

監査役のかばん持ちをして、一応お手伝い(のつもり)

IMGP1495.jpg

この学校建設には

だいたい3〜4ヶ月かかり、23,000,000Fcfa(約460万円)の予算が投資されているそう。

でも、今は何キロも離れた違う村の学校に通う子どもたちが
近くの学校に通えるようにと、学校が建設されている。
学校が少しでも通いやすい場所にあれば、学校に行けるようになる子どもが増えるかな?

1時を過ぎてしまったので、
帰り道に途中の村でごはん。

コーラとパンとヤギの肉

鶏かと思いきや、
所々付いてる皮・・・

この毛はヤギさん・・・?!

ありがたくいただきました◎

市役所に戻ると、既に14時半。15時から市役所を開けないと行けないから
私は家には戻らず、市役所で仕事を続ける。

「よく働くね〜」と監査役。
「日本人はよく働くのよ」と私。

ただ、暑い中自転車をこいで家に帰ってすぐまた引き返すのが面倒なだけですが 汗

市役所で17時半まで仕事をした後、
16時半過ぎにようやく仕事にやってきた同僚と共に
彼のお米を見に行く。

そして脱穀の手伝い◎

IMGP1521.jpg

ドラム缶にバッシバシぶつけながらの脱穀。

これが以外と楽しい^^

頭の仲間でお米が入ったけど、
このお米でトー(ブルキナの主食)を作って食べさせてくれるって言われたから
食べさせてもらうからには、働かないとねっ♪


働かざるもの食うべからず。


働いた分以上に食べてしまうから、太るんだけどね 笑




posted by trekko-ayano at 06:23| Comment(2) | La vie a Bereba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。